フランチャイズオーガナイザーのブログ

某フランチャイズ本部長として、フランチャイズをオーガナイズならびに発展を仕掛ける仕事をしております。おかげさまで立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして、あるいは特殊なバックボーンを持つ者として、仕事の考えや思うことを発信していく所存です。

N-BOXこそ究極の組織と思う話

N-BOX」の話。車・・のことではないです。
今回話をしたい「N-BOX」は画像のようにサッカーのフォーメーション/システムの事です。
これまでずっと仕事用PCのデスクトップはこのN-BOXの画像にしてます。

N-BOX。サッカーのフォーメーションならびにシステム。FC本部としてこういうチーム作りたいと常に思う。

N-BOX。サッカーのフォーメーションならびにシステム

N-BOXとは?という部分の説明をする必要があると思いますが、
その説明を細かくすると異常に長くなってしまうので簡潔にまとめると、
Jリーグジュビロ磐田が2001年に採用した中盤の陣形で、
Nは名波(画像の中盤サイコロの目の中心に配置されたのが名波)選手を指していて、名波選手を箱で囲うような配置になっている為、N-BOXという呼称になりました。
いわば名波選手ありきのシステムで、
このシステムの連動性、有機性が驚異的で、
この年のJリーグで、前年に3冠を達成していた最強の鹿島アントラーズが、
このN-BOXジュビロ相手に本当に何もできていなかった試合を今でも鮮明に覚えています。
といったN-BOXの画像をなぜデスクトップに設定しているのか・・
何が言いたいかと言いますと、
ビジネスシーンでも、
組織ありきで人を当て込んで最大限の配慮をしたとしても、
所詮は組織の域を脱しないパフォーマンスや結果しか出ないことが多いため、
人ありき個性ありきで組織を構築していく事が重要で、
それが奏功すると驚異的な結果を生み出す時があるという事です。
当然ながら、人ありきで組織を構築していくのは難しいです。
なぜなら全く同じ人、数、カルチャーが完全に一致する事はないので、
常に前例がなく再現性が低いからです。
ただだからこそ、予定調和でない結果が生まれやすくなるのも事実で、
本当に目の前のチームを勝たせたいなら、
人の有機性に挑む必要がありますね。

というようなことを常に忘れないようにN-BOXをデスクトップに設定してます。

いつかN-BOXを超えるビジネスチームを作ることが一つの目標です。