フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

「コンサル一年目が学ぶこと」ビジネスパーソンとしてステップアップしたい方への推奨書籍

定期的に推奨書籍を紹介していこうと思ってます。
その前に「そもそも」ということに触れようと思いますが、
自分もよく周囲から「何かオススメの本ありますか?」と聞かれるのですが、
その人のその時の職位、業種、なりたい自分像、年齢などによって読むべき本、
あるいは腑に落ちる深さもガラリと変わるので、
「読むべき本は自分で探すべし」が持論です。
とはいえ、こういう状況やこういう目標を持っている人にはこの本・・という風に、
しっかりとガイダンス込みで推奨するのは適切だと思い、
そういうテイストで紹介していこうと思います。

第一弾はこちら。
書籍「コンサル一年目が学ぶこと」

自分も前職はコンサルファームでしたが、
そのコンサルファームに入社した1年目が学ぶのは、
どういうスキルで、またコンサルファームという環境が、
どういう環境でどれだけビジネスタフネスを求められるのか、
そんなこともセットで書かれています。
ただ内容としては、
コンサルファームで働いているor働きたいと思っている方に限らず、
働く全ての人にとってのテクニカルスキル/ヒューマンスキル/コンセプチュアルスキルの中級レベルの基礎
これが詰まっているので、
ビジネスパーソンとして現状より1ランク2ランクステップアップしたい方への推奨書籍です。

ちなみに自分がこの本と出会ったのはコンサルファームに転職前の今から約5年前で、
この本読んで感化され、
普遍的な言葉ですが「仕事ができる」の日本最高峰にチャレンジしたい、
そんな思いが噴火し、結果としてそのとき御縁をいただいたコンサルファームに転職した・・そんな経緯があります。
自分は前々職も現在と同様のリユースフランチャイズ業界におりましたが、
そこからダイレクトに現在のフランチャイズを立ち上げたわけではなく、
一度コンサルファームに転職し、業界を離れ、
それを経て、現在のフランチャイズを立ち上げました。
正直、もし前々職のフランチャイズ業界(古巣)から、
ダイレクトに現在のフランチャイズを立ち上げていたとしたら、
本部長としてこのスピード感で100までスケールさせることが出来なかった可能性もありますし、
何よりビジネスパーソンとして出来ることの領域の広さや、
事業を俯瞰で捉え、出すべき成果のためにストラクチャーを構築していくような力、
これはコンサルファームを経験しなければ無かった能力だと断言できます。
コンサルファームでマネージャー以上の職位の方々が、
事業会社では最低でも経営企画、普通にいけば事業責任者や役員クラスのレンジでヘッドハントされるというのも至極真っ当だな~と感じます。
(当然その高いレンジのポジションで求められる成果が出せなければ降格や降給になるだけの話です)

話は逸れましたが、自分のようにわざわざコンサルファームに転職せずとも、
コンサルファームで学べるスキルが得られる本として、上記書籍を強く推奨します!

ではまた。

f:id:franchisor:20201017074046p:plain