フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗、4年で150店舗を実現。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

既存店分析とオーナーとの対話②

フランチャイズチャンネルのとある回で、
「経験と勘だけで語るのは意味がない」的な内容があり、激しく共感しました。
自分達も同業古巣の役職者たちが立ち上げたFC本部と強みを掲げてますが、
とはいえ、じゃあ過去の経験だけで良いFC本部が運営できるかというと全くそんなことはなく、
時代の流れは変化し続けてるので、
培った経験をベースにノウハウをアップデートしなければならないですよね。
自分にとって良い戒めになりました。
で、けしてフランチャイズチャンネルきっかけではないですが、
数ヶ月前から加盟開発をAちゃんに任せることができてから、
浮いた時間を何に使うのがベストかを思案した中で、
今は既存店繁栄のための企画~実行に時間を使いたいと考え、
空いた時間があれば、既存店をまわり課題を抽出し、課題の解決案を考えて、実行するようにしています。

ただ、本日の臨店はそれとは少し意味合いが違い、絶好調な店舗が、なぜこの生産性を叩き出せるのかの分析を意図し、行ってきました。
ここが絶好調店舗の最寄り駅です。

f:id:franchisor:20201127175023j:plain

f:id:franchisor:20201127175039j:plain

・・嘘でしょ?って思われますよね?
本当なんです。
フランチャイズって不思議ですよね、面白いですよね。

さてさて、この最寄り駅から絶好調な既存店へ。
今回は意図も意図だったので、事前にオーナーとアポを取り、往訪。
1時間半くらい色々と話しました。
オーナーと話す機会があるときには、忖度ない意見で担当SVについて聞くのですが、
まあ担当SVのこと、大絶賛でした。
「あの方(担当SV)は加盟してもらったからには絶対にオーナーを路頭に迷わせない」
という強烈な覚悟があり、
その姿勢を見て私も奮い立ったと語っており、
自分のことのように嬉しくなりました。

f:id:franchisor:20201127175104p:plain

魂のSV。熱唱している姿も覚悟を感じる(笑)

ちなみに本日臨店した先のKオーナーは元々異業種のFCに幾つか加盟した経験がある方で、
だからこそFC本部には斜に構えた視点を持っていたそうなのですが、
我々のFCに加盟されて実際にオープンし、
これまでのFC本部とは真逆な印象を持ったようで、
「このフランチャイズ本部と出会えて本当に良かった」というお言葉もいただきました。
また「15年後くらいには、経営権を従業員に譲渡し、その後は本部長と業務委託契約を締結させていただいて(Kオーナーお住まいの)このエリア界隈の加盟開発や店舗開発を代行させてください!」という要望もいただきました。
実現可否はさておき、その気持ちがありがたいですよね。

何度も書いている気がしますが、
こういうお言葉をいただく時が、このフランチャイズを立ち上げて本当に良かったと愉悦に浸ることができる瞬間です。

とはいえ、更にこういったオーナーを増やしたいですし、
今回の現調分析で仮説が「点」から「線」になりそうな発見もあったので、
ディテールにこだわれば更に発展をオーガナイズできる確信を持ちました。
満足せずに思考を止めず、行動を続けます。
ではまた。