フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

本日M-1決勝。大会史上最もコンセプトに沿った決勝になる予感

本日決勝ですね。個人的な決勝予想は9組中5組的中。

ただただイチファンとしてM-1決勝進出者予想 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

からし蓮根の敗退は予想外でした。
10回勝負で勝率8割くらいのスタイルだし実力も勢いもあるので、本当に予想外でした。
で、決勝進出者のラインナップ見たときに、
これは「とにかく面白い漫才」という大会の審査基準に非常に沿った、
多方面への忖度なしのラインナップだなと感じました。例年以上にこれはガチだな。
今や専門家でも業界人でもないので、あまり下手なことは言いたくないですが、
いわゆる正統派が不在で、(誉め言葉として)荒くれ漫才師ばかりが揃った決勝進出者達なので、期待値だけで言えば個人的には過去最高です。

漫才の性質的には、確率論的にオズワルドかニューヨークが栄冠を手にするのが濃厚と思ってますが、
前述のようにアウトロー漫才師、一発勝負の爆発力を全員が持っているラインナップですから、もう優勝は順番次第かなと。
笑神籤(えみくじ)による出番順5番目のコンビが優勝するのではないでしょうか。

ここ数年は動画が普及し、もう事前のネタバレ対策も戦術としてマストになっている中で、
各決勝進出者は(決勝で披露する予定のネタ。おそらく準決勝と同じネタを)上手いことメディアに露出していないですし、
イチファンとして楽しみ度合が深いです。(常にセオリー理論から逸脱した新たな方法論を展開するマヂラブによる準決勝爆発させたという噂のつり革ネタとはどんなネタなのか?今から楽しみすぎます)
ではまた。

f:id:franchisor:20201119083756j:plain