フランチャイズオーガナイザーのブログ

某フランチャイズ本部長として、フランチャイズをオーガナイズならびに発展を仕掛ける仕事をしております。おかげさまで立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして、あるいは特殊なバックボーンを持つ者として、仕事の考えや思うことを発信していく所存です。

媒体担当の方と打ち合わせ

フランチャイズ媒体担当者の方との打ち合わせ。
意外にフランチャイズ業界の情報は、
こういう媒体担当者から自然と入ってきたりします。

先日、打ち合わせの流れで、
(自分は馴染みのない業種の)某フランチャイズの話になり、
そこは加盟開発だけ一生懸命で、加盟がゴールと捉え、
加盟後のサポートや加盟店存続率度外視のFC本部だと話題になりました。

加盟前にプラスの面ばかり話をして、夢だけ見させて加盟させてしまう・・
これはもはやビジネスではないと思うのは自分だけでしょうか?
こういう本部は前時代的ですし、今後は撲滅するべきですよ。

・・という所感をその某媒体担当者に伝えたら、
「そうですよね・・私もそう思うのですが・・」
と、歯痒く本音を押し殺している様子でした。

どういうことかと言うと、媒体運営側としては、
数多くのフランチャイズ本部に掲載いただくことが売上向上に繋がりますから、
自分達の運営する媒体経由で、
前述のようなフランチャイズに加盟してしまう・・・
その結果、自己破産の末路になる方が多い事実も分かっている・・・
分かっているけれど、
社内での評価を勝ち取るには、自身の人生においては、
前述のようなフランチャイズ本部もクライアントとして大事にしなければならない・・
こういう背景なんですよね。

その目の前の媒体担当者は、
イチビジネスマンとしては何も悪くないだけに何だか切なくなりましたね。

(会社の資本金とかそういうことではなく)フランチャイズ本部としてどうか?という厳正なる審査基準を設けて、
その審査をクリアしなければ掲載ができない媒体、
あるいはフランチャイズ加盟を検討する方視点でも、
とりあえずそこに掲載されている本部は安心だと思えるような媒体、
こういうものはフランチャイズ業界の健全化に向けて必要だなと感じますね。
ではまた。

f:id:franchisor:20210308081907j:plain

--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズ関連の御相談(主に本部運営や本部構築案件など)や、
各種お問い合わせは下記Gmailにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------