フランチャイズオーガナイザーのブログ

某フランチャイズ本部長として、フランチャイズをオーガナイズならびに発展を仕掛ける仕事をしております。おかげさまで立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして、あるいは特殊なバックボーンを持つ者として、仕事の考えや思うことを発信していく所存です。

下期評価

弊社は「半期ごとの評価」体制なので、
今月末はまさに組織メンバーに対して下期の評価をするタイミングです。

マネジメントタスクを本格的に担い始めて約10年。
評価については(大袈裟かもしれませんが)メンバーそれぞれの人生も懸かっているわけですから、
いつ何時も「個人的な感情を度外視」「プライベートの出来事度外視」「ハロー効果が起きないようにする」「その評価月だけのパフォーマンスで判断しない」などを徹底し、
様々なバイアス影響を低減するように心掛けています。

前々職時代に外部講師から「評価者トレーニング」を受けましたが、これは重要な機会だったなと今でも感じます。
評価者も適切なトレーニングのもと、公平感の醸成に努めることが何より不可欠です。

逆に評価を受ける側視点で言えば、
プロフェッショナルとして働く限り、常に評価されるわけで、
例えばサッカー選手、特にいわゆる海外5大リーグ(イングランド・スペイン・ドイツ・イタリア・フランス)あたりは、
毎試合多くのメディアで1人1人のプレイヤーに対して採点があり、
結果を出せば神のように扱われ、結果が出なければ犯罪者のように扱われる世界です。
(比較するものではないかもしれませんが)ビジネスパーソンもサッカー選手も、
プロとしてのパフォーマンス対価をいただく仕事である限り、
評価とは上手く付き合うことが重要です。

極端な話、自身の目指すべき道や価値観が明確で、
その軸において進歩・充実していれば、
周囲の評価がどうだろうが、精神的な影響は少なくなりますしね。

そんな観点の醸成を意図し、我々FC事業部では、
評価フィードバックの実施前にセルフレビューシートを提出してもらうようにしてます。
これは結構メリットが大きく、
例えば自分からの評価と自己評価で乖離があるようであれば、
その基準を是正してあげることが必要と事前に認識できますし、
キャリアビジョンの明確/不明確・仕事の価値やマインドもすぐ汲み取れます。

また、セルフレビューシートの最後の項目に、
「雑感なんでもどうぞ。仕事、プライベート問わず、普段言いにくいけど知っておいてもらいたい・・などあればどうぞ」
という欄を設けているのですが、
ここに結構「えっそうなの?」というような内容の記載があったりします。

日々極力フランクに、各メンバーのことを把握できるようにコミュニケーションを取っているつもりでも、
まだこんなに明かされていない雑感や本音があるのだな~と毎回ちょっぴり反省です。
(幸いネガティブな内容は一切なく、ほっこりする内容ばかりですが。笑)               

閑話休題
さ~て本日は全てのスケジュールを放り投げて、この評価作業に集中の日です。
オフィスでメンバーの顔見ながらだとこの作業は出来ないので、
コワーキングスペース行ってきます。

下期を回想し、各メンバーの成長のためという絶対軸で、
各メンバーをプロフェッショナルとして敬い、ただだからこそ極力公平なジャッジをするべく、
明確な根拠を解説できる準備をします。
ではまた。

f:id:franchisor:20210319084410j:plain

--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズ関連の御相談(主に本部運営や本部構築案件など)や、
各種お問い合わせは下記GmailあるいはTwitterアカウントからのDMにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
franchiseorganizer0319@gmail.com
フランチャイズオーガナイザー(s.sasaki) (@aRvyfvPQKIt7PUw) | Twitter
---------------------------------------------------------------------