フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

考察シリーズvol.2「不二家」①

皆さん、日本で初めてフランチャイズを導入した企業を御存じでしょうか?

タイトルになっているので、もはや問題として機能していなかったと思いますが(笑)
そうです、不二家が日本で初めてフランチャイズを展開した企業なのです。

1963年10月にフランチャイズチェーン展開を開始し、
フランチャイズ1号店として京都伏見店を開店したそうです。

ダスキンのほうがフランチャイズ制導入が早いのではないかという説もありますが、
当時ダスキンではフランチャイズという言葉が使われていなかったようなので、
当ブログでは不二家が日本初と捉えます。
参考にさせていただいたのはフランチャイズ研究会の2017.08.14の文献。

f:id:franchisor:20210417163001p:plain

日本初のフランチャイズ導入企業・・
これはインパクト大のベンチャー・リンクの次に相応しい考察テーマだと感じ、
考察シリーズ第二弾として「不二家」を考察していきます。

以下がWikipedia抜粋の情報です。

f:id:franchisor:20210417162950p:plain

f:id:franchisor:20210417163107p:plain

f:id:franchisor:20210417163117p:plain

また、上記に載っていない観点としては、
不二家と言えば「ペコちゃん」と誰もが想起するように、
いわゆるキャラクターマーケティングの先駆けでもあったようです。
以下、2つのブログを参照。

株式会社ゴーアヘッドワークス スタッフブログ「事例でわかる!! キャラクターマーケティング」2020年11月11日記事参照
事例でわかる!! キャラクターマーケティング | 飛騨高山・名古屋のデザイン会社ゴーアヘッドワークス

株式会社Create Archives代表取締役 ブログ「大企業がキャラクタービジネスを積極的に行う10の理由とは?」2020年8月10日参照
大企業がキャラクタービジネスを積極的に行う10の理由とは? | コンテアニメ工房


考察①における3つのポイント
1, 不二家創業は1910年
2, 不二家は1963年に日本で初めてフランチャイズを導入した企業(FC本部歴58年)
3, キャラクターマーケティングの観点でも先駆け的企業でもある


次回へ続く。

f:id:franchisor:20210327141747j:plain

--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------