フランチャイズオーガナイザーのブログ

某フランチャイズ本部長として、フランチャイズをオーガナイズならびに発展を仕掛ける仕事をしております。おかげさまで立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして、あるいは特殊なバックボーンを持つ者として、仕事の考えや思うことを発信していく所存です。

フランチャイズ展開をするからには

最近は当ブログ経由でフランチャイズ本部立ち上げについての御相談が徐々に増えてきました。
(とはいえプライベート領域での対応で、まだキャパのうち2割くらいの相談量なので、今後もお気軽にどうぞ)

さてさて、先日も飲食業を2店舗展開している代表の方からFC展開についての相談を承り、現役のFCオーガナイザー&コンサルファーム出身者視点で色々分析し、やり取りしてきました。

何度も記すことですが、
当ブログを熟読いただいたうえでの場は、
自分のフランチャイズに対する考えやビジネスパーソンとしての考え、
このあたりをしっかり理解ならびに共感ありきになるので、
驚くほど話が早い・・なんて効果的!と毎回思います。
ブログは偉大です。

内容としては今回もそうだったのですが、
これまでの御相談内容も、基本的にはフランチャイズ展開を本格始動する前のやるべきこと、
これの整理と実行をお伝えするケースが多いという印象です。

フランチャイズプロデューサー・竹村先生同様に、
「ほとんどのビジネスはフランチャイズ化できる」と自分も考えております。
ですが、そのフランチャイズ化するための必要なプロセスが確実に存在し、
そこは少し時間を要するかなという印象です。
ここが盲点なのかもしれません。

そしてそのプロセスを経て、
いざフランチャイズ展開ができるとなっても、
加盟募集開始のタイミングの見極めは重要だと感じます。
整ったからさあ募集開始だ!となっても、
1年目で5加盟くらいしか集まらない・・だと、
間違いなくその後、同業競争に飲まれてしまいます。
いつ何時、大手の参入があるかもしれませんし、
突如として法改正によるゲームチェンジが起きるかもしれません。

展開のスピード感がないと、前述の外的要因に飲まれるリスクもそうですし、
何より初期~アーリーステージ段階で加盟いただいたオーナーに対して、
スケールメリットを提供することができません。
すると、せっかく加盟いただいたオーナーが徐々に離脱してしまうでしょう。

要は加盟募集開始のスタートを切ったからには、マーケットシェアの観点からも展開のスピードに拘るべきということです。
そのため(初期投資1,000万以内の事業であれば)フランチャイズ加盟募集を開始するからには、
3年で100店舗展開できなければ失敗くらいに捉えた方がよいです。
当然、初期投資が数千万円必要な事業ですと、
3年で100のスピード感は現実的ではないので、
初期投資額の設定により、適切なミッションを設定する必要があるでしょう。

・・と、この話題についてはまだまだ語りたいことがありますが、
徐々に段階を踏んで、現役のFCオーガナイザー視点でコンサル領域のアウトプットをしていきたいと思います。
いずれにせよ、フランチャイズ業界健全化のために、
今後、幾つもの新時代のフランチャイズを誕生させることは必須だと考えておりますので、
微力ながら黒子的にお役に立っていければと思っております。
ではまた。

フランチャイズコンサルタント(黒子)

--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------