フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

【皆で真剣に考えよう】藤原先生のブログ記事から考える地球環境と経済のこと

先日、藤原先生のブログ記事で以下のような内容が取り上げられていました。

blog.livedoor.jp

藤原先生の見解を引用させていただきますと、
ゲリラ豪雨が頻発し、過疎化が進むと、道路を復旧しないくらいのことは、将来はあり得なくはないかもしれません。」
本当に仰る通りという印象です。

社会経済的に復旧が合理的でなかったら、
復旧しないという判断が日本各地で続くのではないかと感じます。

豪雨被害→土砂災害で鉄道や道路壊滅→経済合理性の観点から復旧しない
これはつまり地方衰退を意味しますね。

さてさて、視点を変えて、そもそもの部分で豪雨被害はなぜ起こるのか?という点に触れます。
7月2日に放送された「ガイアの夜明け」の冒頭で、
地球温暖化と炭素の因果について触れられてましたね。
2021年7月2日放送 ニッポンが生きる道シリーズ 脱炭素との戦い①|ガイアの夜明け : テレビ東京

詳細を把握したい方はこちらもどうぞ。
温暖化とは?地球温暖化の原因と予測 | JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

産業革命以降、化石燃料の使用が増え、
その結果、大気中の二酸化炭素の濃度も増加し、
それに伴い、世界の平均気温はたえず上昇傾向です。

特に過去50年の気温の上昇は、自然の変動ではなく、明らかに人類が引き起こしたものと考えられています。
つまり産業革命の代替的に地球温暖化は起きてしまった・・のです。

そしてその地球温暖化と昨今の異常気象や豪雨被害は因果があるとされています。
【解説】 異常気象と地球温暖化の関係について | 地球環境研究センター

勿論、こういった事実に世界の先進国はとっくに気付いており、
だからこそ1994年に「気候変動枠組条約」が発行され、
それに伴うルールとして2020年までは「京都議定書」が採択され、
2020年以降は「パリ協定」が採択されたわけですね。

1からわかる!地球温暖化 パリ協定と京都議定書、何が違うの?|NHK就活応援ニュースゼミ

ただ、諸々のルールや取り組みを決めたとて、
シンプルに言ってしまえば実行力が甘い!現状です。
だから地球温暖化に歯止めがかかっていないのです。

経済のために地球環境を犠牲にした結果、
その地球環境の変化で経済が犠牲になっていくという皮肉・・
綺麗ごとでも何でもなく、我々世代で強く意識して行動していかなければ、
後世の地球環境はとんでもないことになりそうです。
ではまた。

藤原先生フランチャイズ地獄ブログ・フランチャイズコンサル・フランチャイズ展開

--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------