フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

メディアや論調に左右されるな「いずれ独立するつもりなら絶対出世を目指すべき」

現在、加盟開発を任せているAちゃん。
彼は入社前、我々のフランチャイズへの加盟検討者だったのです。
普通に資料請求してきて、普通に自分が事業解説を実施し、
その結果「加盟します」って言ってきたのです。笑

ただ、加盟するにあたり親御さんからの出資が必須とのことでした。
「数年前に出資許可をもらっているので問題ないと思いますが、再度確認します。」
とのことで、気長に待っていると、結果として現時点での出資を断られたと。

一方弊社視点では、自分がFC本部責任者兼加盟開発を担うことにちょうど限界を感じつつあるフェーズだったので、
加盟開発担当者を募集中でした。
某エグゼクティブ媒体経由で10名ほど面接しましたが、
フィットする方に出会っていない背景もあった中で、
この10名より、加盟検討者として相対していたAちゃんの方が適任だという感覚を持っていたので、
親御さんからの出資が駄目だったという一報を受けた時点で、即座にひょいっと誘って今に至るという背景です。笑
フィットすると感じた要素は、
パーソナリティ的な要素もさることながら、
自らがきちんと加盟先をじっくり探して、そのうえで我々のフランチャイズへの加盟を決断したという実体験を持っていること、
これが一番大きかったですね。

話がだいぶ逸れそうなので、このあたりで今回の本題と絡ませますが、
そのAちゃんの入社時に、下記のように伝えたことがあります。
「独立しようと思っていた中で、今回ウチの会社に来てもらったけど、
いずれ再度独立を模索するにしても、一旦目安としてここに3年はいてもらったほうがよいね。
理由は2つあって、1つ目は俺もすぐに辞めるかもしれない相手に対して全力で育成しようとは思えないこと。
2つ目はAちゃんの独立成功の確率を上げるため。
組織の中で結果を出せていない、職位が下の人が独立するのと、
組織の中で結果を出して、職位が経営に近い人が独立するのとでは、
成功確率は明らかに後者の方が高いんだよね。
自身の独立成功確率を上げるためにも、この環境で目安3年の中でとことん結果を出し、出世を狙った方がよいよ。」
ということを伝えました。

今の時代、出世に興味がないという若者が多いと、メディアでよく見るようになってきました。
それらの記事を紐解いてみると、
要は出世することの代償として抱えざる得ない負担、
「時間」「精神的疲弊」これらをデメリットとして挙げ、
そのデメリットを抱えてまで出世したくないということですね。
一方、独立志向の若者も多いという記事もよく見るようになってきました。
つまり「不用意に時間を奪われることなく、精神的疲弊をせずに、縛られずに適度に稼ぎたい」人、これが多いのです。

これに対して自分から一言、「いずれ独立を考えているのであれば、絶対に出世したほうがいい」ということです。
理由としては、実は出世したほうが自身の裁量でいくらでもスケジュールをコントロールでき、
むしろプレイヤー時代よりも時間に余裕が持てます。(当然出すべき結果とバランスは取りますが)
これは出世したことがないと分からない事実でしょう。
精神的疲弊に関しては、たかがイチ組織の責任者レベルのプレッシャーに耐えられないようであれば、
独立・起業には向かないと思います、そもそも。
逆に言えば、組織で役職を持って仕事をするプレッシャーに慣れて免疫を付けておけば、
起業・独立してもその要素は障害にならない可能性も高いです。

また、これが最も「いずれ独立するつもりなら絶対出世しろ」と声を大にして主張する要素ですが、
組織で出世して経営幹部の位置まで上り詰めれば、
(1つの事業部や1つのブランドなどの)PLに責任を持ったり、
人や組織のマネジメントを任せてもらうことができ、
仕事をしながら経営の実体験となる勉強ができるという点です。
これがとんでもなく独立後アドバンテージになります。
どちらかというと、マネジメントよりもPLをコミットする経験のほうが重要度は高いかもしれません。

これは経験談として、
これまで(自身の率いるFC加盟以外も含め)多数のFCオーナーの過去を聞いてきて、
そしてその後にFCオーナーの皆さんがFC加盟後の事業でどういう結果になったのかを把握していますが、
PLに責任を持った経験がある方の失敗例はほぼ記憶にないです。
逆に大企業の課長でした、部長でしたという方々でも、
PLに責任を持った経験がないがゆえの失敗例は幾つか把握してます。

もう1つ違う視点で、
以下、動画の3分44秒~4分15秒を御覧ください。

www.youtube.com

ダメ上司ばかりの環境だったら、逆に出世が容易だと考えるべきだし、
優秀な上司が揃っているならば、出世は遅くなるかもしれないけれど、成長は担保されますよね。
つくづく考え方というのはキャリアや人生を左右するな~と再認識する動画ですね。
ちなみに竹之内社長のようにズバッと経験則からの正解を教えてくれる方、
世の中にそう多くはないので、
竹之内社長のyoutubeチャンネルは見ておいた方がよいですよ。
FCチャンネルの林社長もそうですし、竹之内社長もそうですが、
もう既に一生稼がなくても困らないという方の発信には、
ピュアな要素、つまり真実であることが多いことを世の中の多くの方が知ったほうがよいと思います。

さて、色々脱線しましたが、
出世が全てではない~みたいな価値観が世の中、若者を中心に徐々に根付いてきているという情報をよく目にしますが、
それはそもそも日本経済がしっかりと衰退していて、
以前のように年功序列で(結果を出していない方に)高い給与を払うことが出来なくなってきたがゆえの、
国や大企業によるメディアを駆使した情報操作かもしれないですよ。

大事なことはメディアや論調に左右されず、
1人1人が今後の日本経済と自身の人生とキャリアを真剣に考え、サバイバルをどう勝ち抜くか考えること。

真剣に考えれば考えるほど、ずーっと会社員でいるほうが遥かにリスクだと気付くはずだし、
独立ということが視野に入ってくるでしょう。
ただ独立は甘くない。甘くないんです。

そのため、組織に属している間に、独立成功の可能性を1%でも上げる術を考えるべきです。
それがすなわち、組織で出世してマネジメントやPLに責任を持つ権限を勝ち取り、経営を実体験で学ぶことなのです。

いずれ独立するつもりなら組織に属し、とことん出世するべき

ではまた。
--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------

独立を成功・出世