フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗、4年で150店舗を実現。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

タバコが嫌いな話

あまり露骨に発言する機会もないですし、
大人なのでそういう環境でもグッと意見を飲み込みますが、正直タバコが嫌いです。

煙、臭い、喉を傷める懸念を抱かせる性質、喫煙者のマナーの悪さ(勿論マナーの良い方もいますが)、喫煙という無駄な時間の創出など、
総じてタバコやタバコから派生する諸々が嫌いです。

ガッキーとか吉岡里帆さんとかが仮に実はタバコ吸ってるとして、
その事実を知ったら、それだけでちょっとガッキーとか吉岡里帆さんのことを嫌いになれる、それくらいタバコが嫌いです。笑

とはいえ、喫煙者の方の気持ちも理解できます。
なぜなら自分もちょうど10年前まで喫煙者だったからです。

1日1箱消費の完全なるヘビースモーカーで、長年「クールライト」吸ってました。
そんな自分がなぜ禁煙に成功したのか?
理由は2つあります。

1つ目は、タイミング的に東日本大震災の影響で物流が滞り、一時期タバコが購入できなかったこと。
買えない→吸えない環境になったらなったで、意外に何も問題ないことに気付けたというのが1つ。
2つ目は当時副業で少年サッカーのコーチをしていたのですが、
コーチ就任したての頃はまだ喫煙者で、
練習終わりに普通に一服していた場面を生徒のママさんにとんでもなく白い目で見られたこと。笑
これでハッとし、
「たしかに大事な子供を通わせる習い事の先生が、ましてやサッカーというスポーツのコーチが喫煙者って、ドン引きするよな~」と強烈に気付き、
ちょうど1つ目の出来事も重なったタイミングだったこともあり、禁煙しようと決断しました。

ベタですが、最初は夢の中でタバコ吸う現象や、
お酒呑むと無性にタバコを吸いたくなる衝動に駆られましたが、
前述のように環境的に吸えないという要素に助けられ、結構スムーズに禁煙に成功できましたね。

そしてこの禁煙をキッカケにそれまでの不健康生活(下記記事の冒頭)を徐々に変化させていきました。
眼の話 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
それまでの、禁煙前の自分の価値観的には、
「一度きりの人生、やりたいことをやり続けて、爆速で駆け抜けて40代か50代で死亡」
こんな感じでした。笑

ただ禁煙に成功し、徐々に健康生活を送るようになり、
且つそこに「ビジネスパーソンとしてどこまで高みを目指せるか?」というテーマが加わってからは、
世の中の流れ的にも平均寿命もかなり伸びそうですし、
「楽しく主体的に仕事を続けるために健康な身体が必須」と考えを一変。
現在に至るという状況です。

すると、大好きな仕事を奪いかねない健康を害するものに拒絶反応を示すようになってしまい、
冒頭のようにタバコ嫌い人間になっていきました。

現在喫煙者の方で、本当はタバコをやめたいが、どうしてもやめられないという方、
ぜひ最悪の想像なさることをオススメします。
40代50代になり、身体が徐々に悲鳴を上げ、
それまでのような仕事が出来なくなる→収入は激変。
ただ人生現役100年時代、これまでの貯金だけであと50年なんてとてもじゃないけれど生活できない、家族守れない・・・
気付いたときには時すでに遅し。
どうでしょう?
それでもタバコを吸い続けますか?
これは禁煙して分かる感覚で、喫煙者の方はいまいちピンと来ない方も多いと思いますが、
今の世の中、タバコを吸わない方のほうが圧倒的に多く、
喫煙者パースペクティブは非常に小さいのです。
マイノリティだという自覚はもっと強く持ったほうがいいですね。

また、これもよく言われ続けていることですが、
アメリカなどでは喫煙者は自己管理できない人と評価され、
昇進の妨げになることも多いようですね。
日本でも最近は求人情報などで「社内禁煙」というワードや、
応募条件で「非喫煙者」というワードを目にするようになってきました。

あとは何と言ってもマナー。
歩きタバコは本当にマズイ。良い大人が歩きタバコとかダサすぎます。軽蔑以外の選択肢がないです。
スーツ着て歩きタバコをしている人を未だに目にしますが、スーツ着ていようが本当に常識のない人にしか見えません。
歩きタバコをするということは、周囲に煙を流すわけですから、
いつ何時、見ず知らずの人にクリーニング代の請求を受ける覚悟を持ったほうがいいですよ。
あるいはアナタが歩きタバコをしている後ろを歩く親子連れのお子さんが、例えば喘息に苦しんでいる場合、
とんでもない憎悪を抱かれる覚悟を持ったほうがいいですね。
という風に、色々な想像をしたうえで、あらゆる非難や金銭的補償をする覚悟を持って歩きタバコをしているのなら、まあよいですが。
少なくとも自分は歩きタバコをするような人で、仕事ができる&お金持ちに出会ったことはないです。

まあ色々書きましたが、あくまで個人の意見ですし、
タバコは嗜好品ですから、周囲にきちんと配慮できていれば否定はしません。
なので冒頭にも書いたように、大人なのでタバコに対する自身の見解はどの場でも飲み込んできました。
ブログは個人の意見を書く場だから書いただけ、というだけです。
それぞれの人生ですから、禁煙を無理に推奨することもしません。

ただ前述のとおり、本当に自身の人生のことを真剣に考え、
人生100年現役時代で、今後の世の中の変化や寿命と照合し、
じっくり深堀したうえで、今後も喫煙を続けるか否か、それを今一度しっかり考えてみることは推奨しますね。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------

タバコ嫌い