フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

資料請求後の架電

現在率いるフランチャイズでは、
FCプロデューサー竹村先生発案の戦術「営業しない加盟開発」のベースを踏襲した戦術を駆使してきたので、

www.shosasakifranchisor.com

資料請求いただいた方々に、
「資料請求いただき、ありがとうございました!」
と架電することはありません。
もちろん加盟募集開始直後は、戦術を明確に立案できていなかったこともあり、
そういうことも試みたことはありました。

ですが、加盟までのプロセスと加盟後の諸々を客観的に分析していくと、
加盟開発においての営業って本当にメリットが少ないなと気付き、
前述のような加盟開発戦術を実行するようになってからは、
資料請求に対しての架電は一切しなくなりました。(それでも順調に拡大を実現しております)

ただ当然大多数のFC本部はそうではないです。
資料請求があったら「1件でも多く加盟契約を締結すること」だけが仕事の営業マン達が、
目をギラギラさせながら資料請求いただいた方々に架電します。
そのため、何気なくフランチャイズ加盟を検討した方が、
何気なく気になったフランチャイズ本部数社に資料請求をしたら、
直後からひっきりなしに電話が掛かってきて驚かれると思います。
(引越しの一括比較見積もり依頼とか、車売却時の一括比較見積もり依頼した時とかと酷似)

なので慣れている方は、
資料請求時のコメント欄に
「仕事で電話に出られないので電話は控えてください」とか、
「電話は不要です。メールのみでお願いします」などが書かれています。
こういうのを見るだけで、
ああこの方はさぞかし資料請求慣れしているんだろうなと想像に容易いですし、
我々のようなスタンスの本部視点では、そういうコメントを見ると妙に切なくなります。
本部の体制やフランチャイズ運営のスタンス、あるいはビジネスモデルに自信がある本部が増えたら、
加盟検討者にやたらめったら電話を掛けるなんて無くなるのにな~と感じます。

フランチャイズ業界健全化に向けて具体的にやるべきことは多数存在するのですが、
「真っ当なFC本部なら自然と既存オーナーの追加加盟が増えたり、
新規の加盟も放置していても自然と増えるものなので、
営業しなければならない時点で、何かが欠落している可能性がある」
という考えや視点を、多くの加盟検討者に浸透させたいと思ってます。

「自然と加盟が増えてます、ただ加盟開発の営業部隊も営業かけ続けてます」というFC本部もあるでしょう。
何でそんなことをする必要があるのでしょう?
理由は無茶で意味のない予算を組んでいるからです。
以前の記事でも書きましたが、
だからFC本部は予算を作らないほうがよいのです。

www.shosasakifranchisor.com

フランチャイズというのは、本部の無茶で意味のない予算設定から歪みが生まれることも大いにあるので、
全てのFC本部の経営陣の皆様は御注意を。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------

資料請求フランチャイズ電話