フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

第39回「日経フランチャイズショー2022」セミナー登壇のエピソード

先週の3日(木)、第39回「日経フランチャイズショー2022」セミナーに登壇をさせていただきました。

日経フランチャイズショー2022セミナー

フランチャイズオーガナイザー

まず当日のエピソードを幾つか。

Twitterで自分の告知ツイートに対して、
ホワイトニングカフェの佐藤社長から「リアル参加します!」とリアクションをいただき、
さらにそこに被せる形でFCプロデューサー竹村先生より、
「オンライン参加です!フランチャイズチャンネルの分頑張って下さいっ。刮目して観させて頂きます(笑)」とメッセージが・・・
これ以上ないプレッシャーとなりました。笑

とはいえ昔から、プレッシャー=緊張には繋がらないタイプで、
会場入り前には付近のファミレスで秘書と軽く食事して優雅に過ごしてました。
そのとき秘書に「不思議なくらい緊張してないんだよね~」と話すと、
「私の場合は、直前までずっと緊張していると、いざ本番前に緊張が無くなり、
直前まで緊張していないと、いざ本番前に緊張してくるんですよ~」と言ってましたが、
俺はそういうの無いな~なんて思ってました。

そんなこんなで会場入り。
まだセミナー会場控室入り時間まで余裕があったので、
真っ先にwebリポさんのブースに伺い、西村さんと会話。
西村さんいわく「今日の目玉はFCオーガナイザーという人が多かったですよ」とのこと、
さらにFC業界女性裏番長・日経FCショー主催の石橋さんも、
「FCチャンネル分もFCオーガナイザーに広告を振った」という話をしていたと聞かされ、
これまた、ただただプレッシャーが上積みされた場となりました。笑

そして控室入り。それまで全く緊張感が無かったのですが、
ここで一気に緊張感が増しました。前述の秘書の言うとおりになりました。
秘書の言うことは聞くものですね(汗)
そのため「マズイこれは集中しなければ」と、
開始15分前に秘書にも席を外してもらい、1人で気持ちを整えるように努めました。
するとその矢先に、今回オファーをくださった張本人の石橋さんが御挨拶に来てくださりました。
そしてまあ石橋さんが淀みなく喋ってくるという。笑
そうこうしている間に係の方が「佐々木様それではお願いします」と声を掛けられ、
「えー気持ち整ってない~!」と内心思いながら壇上に向かいました。

見渡すと何とほぼ満員の着座率。
するとその光景を見て、逆に不思議なもので「そういえば俺は人前慣れっこだったわ」と思い出し、
そこからは平常心で且つ「本当に良質な本部が1社でも多く増えてほしい!」という気持ちを込めて、
話をすることは出来たかな?と思っております。

まあ、こういうセミナーや講演というのは、
来場者の皆様や視聴者の皆様が何を感じたのか、これだけが重要ですから、
中身についての個人的な所感は割愛します。

リアクションという面で2つだけ話をしますと、
まずこちら側から見渡す限り、皆さま非常に真剣に聞いていたこと。
会場内に写真撮影禁止って表示があるにも関わらず、
普通にスライドを写真撮影している人も多数おりました。笑
それだけ熱心だったということですね。

次にセミナー終了後、ありがたいことに自分との名刺交換待ちの長蛇の列が出来ていました。
自分も着座側でこれまで多数のFC関連セミナーに参加してきましたが、
ここまでの光景はあまり見たことが無かったので、
非常にありがたいことです。
名刺交換の際に皆さま事業内容を丁寧に仰っていただきましたが、
既にFC本部を運営されている方が多く、
「価値観がガラリと変わりました。勉強になりました」という声と、
「共感する点が多々あり、やってきたことがそんなに間違ってなかったと自信を持ちました」
という声が丁度半々くらいだった気がします。
中には有名企業の担当者の方も。
大小問わず、フランチャイズ本部企業にはフランチャイズ周りで課題はある、ということですね。

ちなみにホワイトニングカフェの佐藤社長も、
普通にその名刺交換の列に並んでくださっていました。
Twitterでは何度もやり取りしてましたが、対面は初でした。
佐藤社長いわく「FCオーガナイザーさんは匿名で活動していると聞いていたので、
ブログやTwitterの写真も本人ではないと思っていたら、
写真の人が出てきたので驚きました!」と仰っていただきました。笑
そうか、そう思われる方もいるのですね。
そういう意味ではやはり露出する、公の場に出るって大事ですね。
認知=安心=お仕事に繋がる、ということですね。

佐藤社長のお人柄、真摯さはフランチャイズチャンネルを通じて、
おおよそ認識していましたが、

www.youtube.com実際もそのとおりの方でした。
こういう社長には人柄の良いオーナーが集まるだろうな~と想像。良い出会いでした。

これまた余談ですが、その名刺交換の数々を最後まで見届けていただき、
ずっと待っていてくれたのが同世代のフランチャイズ仲間であり、同志である、
フランチャイズビジネスインキュベーション株式会社の山本社長。fbi-consulting.jp

実は当ブログでも2回ほど匿名で登場してました。
フランチャイズ業界の健全化 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

同世代のフランチャイズ共闘者 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

その山本社長、なんと最前列の目の前に座ってくれていて、ウケました。笑

日経

山本社長とは、セミナー後の誰もいない会場内で、近況やらフランチャイズまわりの情報交換やらを数分ほど。
また、新たに山本社長が手掛けるという地方創生の事業についても伺いました。
地方創生については、初対面時からビジョンが一緒だったんですよね。
このあたりの感覚というかフィーリングは同世代ならでは、という感じです。
一緒に次世代のフランチャイズ業界を牽引していきたいと強く思います。

控室に戻ると、秘書と横Tさんと金原さんがやってきて、
3人を見て一気に日常に戻った感じですね。ほっこりしました。笑
いずれにせよ、本格的な独立始動前にも関わらず、
栄えある日経FCショーのセミナー登壇、非常に刺激的で楽しかったです。

最後に、セミナー内容について1つ謝罪しなければなりません。
直後に石橋さんからも御指摘いただきましたが、
資料の文字が小さすぎて、
後ろのほうに着座されている皆様やオンライン配信での視聴されていた皆様は見えにくい箇所が幾つかあったとのことで、
大変申し訳ございませんでした。
文字の大きさは確かに全く意識していなかった・・・
自分も後に映像で見ましたが、
確かに分かりにく過ぎる・・何とかトーク込みで内容は理解できるものの、
これは明確な反省点。
読解が容易ではない箇所の数々、大変申し訳ございませんでした。

これは石橋さんやオンライン視聴者の皆様のためにも、リベンジの機会をいただきたいと思いますので、
再オファーの御検討、何とぞよろしくお願いいたします。笑

ちなみにリアルorオンラインで自分のセミナーに参加いただいた方々で、
どうしても今回のセミナー資料が欲しい!という方は、
以下お問い合わせフォームから御要望をいただけますと幸いです。
お問い合わせ | flegma(フリグマ)

正直、まあまあのノウハウが詰まっているので、積極的な提供は控えたいのが本音です。
そのため、御要望の際には「こういう意図で資料が欲しい!」「こういう熱量で資料が欲しい!」というメッセージも添えていただけますと幸いです。
大変恐縮ながら、そのメッセージの内容次第で提供可否を判断させていただきます。
御理解のほどよろしくお願いいたします。
(当然ながらフリグマのクライアントの皆様には既に提供差し上げております)

以上、第39回「日経フランチャイズショー2022」セミナー登壇の話でした。
今回はセミナー以外の時間がなかなか捻出できず・・・
もう少しじっくり会場を回り、今回の出展傾向とか、FC業界の時流分析とかもしたかったのですが、
時間が有限であったため、
フリグマの現クライアントと競合になり得るFC本部さんだけをチェックし、
秘書に資料を収集してもらい、会場を後にしました。

来年はセミナー登壇云々はさておき、
少なくとも半日はしっかり時間を確保し、隅々まで勉強しに行きます!
今から楽しみです。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------