フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

フランチャイズオーガナイズBプランについて

これまで「フランチャイズオーガナイズAプラン」について公の場で話してきて、
そういえばBプランについてはあまり触れてこなかったことに気付きました。

先日の日経フランチャイズショーセミナー後も、
既にFC本部を運営なさっている皆さまが名刺交換にずらっと並んでいただきましたし、その日経フランチャイズショーセミナーの影響でしょうか、
フランチャイズオーガナイズBプランについてのお問い合わせが直近増えてきましたので、
今回はBプランについて一度きちんと書いておこうと思います。

これまでフリグマを語る際には、
代名詞とも言える「3年で100店舗をコミット」する
フランチャイズオーガナイズサービスAプランについて触れてきました。www.shosasakifranchisor.com

ですが、フリグマには実はAプラン以外にも各種サービスを取り揃えております。
サービス案内 | flegma(フリグマ)

新規でこれからFC本部を立ち上げる企業あるいは個人の方に対してはAプラン推奨ですが、
既存のFC本部企業に対しては、基本的にこのBプランを推奨します。
フランチャイズオーガナイズ Bプラン | flegma(フリグマ)

フランチャイズオーガナイズBプラン

自分自身もFC本部に2社、中枢ポジションを計10年経験したからこそ分かることですが、FC本部は課題ばかりです。
そんなのどの企業でも一緒だよという声が聞こえてきそうなので一言加えると、
FC本部は「主にフランチャイズ領域において」課題ばかりです。

フランチャイズ領域とは?
本部組織、加盟開発、店舗開発、SVです。
FC本部の社長や経営陣にお困りごとを伺うと、
大概が上記4つのどこかに属性がある課題です。
で、これが面白いもので、
FC本部内部的には加盟開発が課題と思っていたことが、
自分がヒヤリングさせていただくと、
実はSVの精度が問題で、そこを改善したら加盟開発もスムーズになった・・みたいなこともあります。
また、オンラインで社長・責任者・部署の方々と30分~1時間ほど会話すると、
妙に違和感を抱くことがあります。
その違和感とは、社長と責任者、あるいは社長と部署の方々、責任者と部署の方々、
などの、どこかの階層間の距離感です。
その距離感はシンプルな人間関係という場合もあれば、
目標への本気度や温度感の場合もありますし、
カルチャーや価値観の場合もあります。
そのため、シンプルに人の配置替え、
いわば組織改編/組織構築で一気にそのフランチャイズが伸びることもあります。

要は大概のFC本部の方々が盲目なんです。
そりゃそうです。真っ当なFC本部であればあるほど、
目の前の事業をブラッシュアップしようと頑張りますし、
加盟オーナーのサポートに必死ですからね。
客観的に自分達のFC本部がどんな課題を持っているかなんて着眼する時間も無いのは当然です。

そのため、そこを支援させていただくというのがBプランです。要はフランチャイズ領域のBPR。
まずは現状をヒヤリングさせていただき、課題を捻出し、
1年のお付き合いの中で課題を解消していきます。
フランチャイズ本部の各領域(加盟開発、店舗開発、SV、融資、法務)については、
自分の経験・ノウハウ・知見が全て生きるでしょうし、
組織構築に関してはコンサルファーム時代に経験してきたことなので、
そこのバリューも出せます。
また(大概のFC本部が課題である)SV領域は副社長・横Tさんが強いですし、
仮にそのフランチャイズ領域の業務改善において、
コストが必要であることが発覚した場合でも・・・
フリグマの社外取締役・金原さんが財務をチェックすれば、
必要な融資戦術を構築してくれますから、全く問題ないです。
リーガル側面のお困りごとは頼もしいフランチャイズ弁護士先生を御紹介します。

というように、
(他にも必要な人脈を活用しつつ)チームフリグマで既存FC本部の課題解消に導き、発展させる、それがBプランです。
以前の告白①でも書きましたが、
当初個人的には、このBプランを連続していくようなフランチャイズキャリアビジョンを持っていたほど、
こちらも自信のある分野です。www.shosasakifranchisor.com

既存FC本部の皆様、お気軽にお問い合わせどうぞ。
お問い合わせ | flegma(フリグマ)

ちなみに既存FC本部として、出店計画が明確にあり、
例えば現在50店舗あり、これをむこう3年で150店舗にしたい!という場合は、
BプランではなくAプランを推奨します。
なぜならBプランはあくまでFC本部としての改善に特化し、
Aプランは出店計画にコミットするからです。
当然コミットするからには土台を作る必要があり、
まっさらな状態から3年で100店舗を実現する本部を構築するよりも、
変に20~30店舗と広がってしまっていたりするほうが、
実は我々側の難易度は高かったりしますので、
従来のAプランの助走(目安の本部構築期間は4ヶ月)より気持ち1~2ヶ月多めに助走を取り、
3年で100店舗コミットをスタートすることになるとは思います。

さてさて、今回は弊社サービスの中で、
フランチャイズオーガナイズBプランについて纏めました。
ここまで読み返して重要なことを忘れてましたが、
Bプランの補足欄に「契約枠は限定的」と表記があります。

そうなんです。Bプランは(現時点では)無限に受注しようとは思っておりません。
背景としましては、
弊社がやりたいことはあくまで「フランチャイズの業界健全化」なのです。
そのためには、良質なFC本部を量産し、悪質なFC本部をフランチャイズのピッチから追い出す必要があります。
これの実現のためには、
既存のFC本部を改善することも重要だし大事なのですが、
それにはこれまでその本部内で根付いている既成概念を壊す労力も必要です。
ならば新たにFC本部を立ち上げて3年で100店舗を実現するほうが、
実はスピードが早かったりします。
つまり現状のフリグマの有限なリソースを客観的に捉え、
Bプランで埋め尽くさないようにしなければなりません。
Aプラン6.5割、Bプラン3.3割、その他0.2割、こういった配分が理想的だと思ってます。
こんな背景から、
大変恐縮ですが、Bプラン契約は限定的とさせていただいております。
当然あまりにBプランが殺到するようであれば、
早急に新たな役員or業務委託をフランチャイズ業界内の人脈を駆使して即戦力を招聘しますが、
そうでない限りは、有限のリソースを客観的に捉え、
AプランとBプランの配分をコントロールさせていただきます。

Bプランを検討されている企業/個人の皆さまはお早めにお問い合わせくださいませ。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------

フランチャイズオーガナイズBプラン