フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

我がフランチャイズの自慢のオーナー④

さあ4人目のオーナーです。
今回御紹介差し上げるのは、現在2店舗運営されているオーナーです。
御紹介差し上げる理由、まずシンプルに業績が良い意味でとんでもない店舗のオーナーだからです。笑

4月以降、色々詳細についてどこかで語ることができればと思いますが、
現在率いるフランチャイズの業態。
この業態の全国各地の店舗(屋号やFC/直営問わず)を対象に、1ヶ月の粗利分布図を作成したら、
おおよそ150万~240万の中に集まっているだろうなという所感です。
中央値は195万。
ではこの事業の収支シミュレーションを作成するとなった際、
「粗利195万が出る前提で収支シミュレーションを作成するのは危険です。
粗利が150万でも黒字になるPL設計。
つまり損益分岐点を150万以下に必ず設定してください。
どんなに忙しくなってオペレーションが大変でも、1店舗状態のときは、損益分岐150万以内に拘ってください。
これがまず安定運営の必須条件です。」
という話を加盟前最終面談でどなたにもお話差し上げます。
実際の店舗のPLを見せながら解説していくのです。
稼働人員数は1店舗1名~1.5名。2店舗で3名で運営を推奨します。

仮に粗利150万で仮定し、
月間来店数は150名、成約率は(控えめに見て)70%=成約数105名。
粗利単価14,000円~15,000円ほど。
これが再現性という観点からの、全国各地様々なオーナー運営実績の統計目安と言えるでしょう。

という前フリで今回御紹介差し上げるオーナーの運営店。
1店舗目にオープンした店舗の業績・・・・
直近1年間で最も数字が低い月でも粗利500万です。
普通に年に何回も粗利1,000万を超えてきます。
そして月間来店数も最低でも400名ほど。
最高で月に1,500名以上来店がありました。笑

来店がとんでもないので、粗利単価は前述の統計目安値よりも低いです。
・・・なんと健全なのでしょう。

ここまでの情報を見て、センスの良い方なら1つ疑問が生まれるはずです。
えっ何人でオペレーションをまわしているの?と。
前述のとおり、このオーナーは2店舗運営ですから、
自分が推奨する稼働人員数どおり1.5名でこなしているのか?
いえいえ、さすがにそんなことはありません。
月間来店1,500名を1.5名で対応するのは不可能です。笑

ここがポイントで再現性が低い話ですが、
こちらのオーナーはもともと他の事業を運営されていて、
その他の事業の従業員の方を上手に時間とタスクの配分をしながら、
この店舗の稼働をヘルプして、
オペレーションをまわしているのです。

本部としては、申し訳ないですがこんなノウハウは持っていなかったです。笑
要は良い意味で本部のノウハウを超越している店舗なんです。
ただこれがフランチャイズ展開の魅力であり、醍醐味で、
こういう良質なオーナーに加盟いただければ、このようなノウハウのアップデートが起きるのです。そしてこの積み重ねでチェーンとして強くなっていきます。
※これについては日経FCショーのセミナーでも語りましたね。
こういう良質なオーナーを集めるにはどうしたらいいのか?
加盟開発で営業しないことです。営業せずとも加盟が開発できるオペレーションや仕組みやカルチャーを作ることです。

このオーナーは、オンラインMTGの場などで惜しみなく成功例や実体験を全体に発信いただけるので、
他のFC店も学び、実践し、全体の生産性が向上する・・・
これはフランチャイズならではの現象です。
こういう確変的なノウハウのアップデートは、
直営オンリーの展開では起きにくいと思います。
なぜなら元々事業を運営なさっている経営者(オーナー)達だからこその事象、だからです。
社員の中にも勿論優秀な方はいるでしょうが、
自身がリスクを負って起業して、創意工夫の連続で生きてきた経営者(オーナー)とは、
やはり少し違いますよね。

閑話休題
ここからようやくこの店舗の「オーナー」にフォーカスしていきますが、
こんなモンスター店舗のオーナーで、大成功者にも関わらず、真面目で実直。
浮かれて遊びにお金を使うとかも一切ない凄い方です。
いつ会話しても謙虚で、言葉選びも丁寧にお話してくださり、
自分は嫌な気分になったことが一度もないですね。
加盟前最終面談で必ずお話する「調和」についても深く理解して体現いただいていて、
我々本部側の立場にも立ってお考えいただけますし、
周囲のオーナーへの配慮も物凄い出来る方です。
メンタルやマインド的にはフランチャイジーの模範だと思います。

あとは何と言ってもとにかくタフです。
仕事大好きで、
「汗かきながら人様のお役に立つことが仕事」という基本を徹底し続けているオーナーです。

成功オーナーにも関わらず、
自身のマネジメントに疑問を抱かれていたようで、
早々にマネジメント相談所にも参加いただきました。
FC加盟オーナー専用「マネジメント相談所」開設 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

完全に上位2割のオーナーです。また、元々個人としても法人としても継続してフランチャイジーで運営なさってきた方で、
今後も「理念や本部の考えに賛同できるFC本部と一緒に、これからも色々な事業をしていきたいです」
と仰ってました。

ちなみにこれは(本人からではなく)加盟開発のAちゃん経由で聞いた話ですが、
こちらのオーナー、我々のフランチャイズに限らず、
これまで加盟した全てのフランチャイズで、
トップクラスの業績を作り続けてきたそうです。
事業を0→1で作ることはしないけれど、
オペレーションの力を磨き続け、
理念に共感できる適切な本部を見極めて加盟して成功し続ける・・・
本当にこれはフランチャイジードリームですよね。

ちなみにこちらのオーナー、
プロデュースbyフランチャイズチャンネルの中の某FCにも加盟されるとのこと。
結果が楽しみ過ぎます。
おそらくこのオーナーはこのFCでも爆発的に数字を作ること、ここに予言します。

これは誤解があってはならないので明記しますが、本当にこのオーナーのバイタリティーは凄まじいですからね?
模倣困難性は非常に高いと思います。笑
ただこういうオーナーが存在するのは紛れもなく事実。

フランチャイズ本部として各領域で確かな戦術を駆使して、
健全に拡大を実現していけば、こんな凄まじいオーナーに加盟いただけるのだな~と、自分も改めて勉強になりましたね。
我がフランチャイズの自慢のオーナーです。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
info@flegma.jp
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------

フランチャイズ自慢のオーナー