フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

偉大なFCチャンネルとフリグマの関わり方について

先月2月25日に「フランチャイズオーガナイザー初登場」としてフランチャイズチャンネルの収録にお邪魔させていただきました。その日で計4本分収録。
続いて3月11日も急遽お招きいただき、その日はなんと9本収録。
そして元々予定していた3月18日は5本収録。
つまり計18本分収録させていただきました。
(現時点ではそのうち8本が放送されていますかね?)

FCチャンネル出演本数ランキングがあるとすれば、
それなりの位置にランクインするのではないでしょうか。笑
日経FCショーのセミナー登壇もそうでしたが、
まだフリグマ本格始動前にも関わらず、FCチャンネルに何度も出演させていただけるなんて、非常にありがたい限りです。
というわけで、収録分がお蔵入りにならない限りは、
おそらく4月初旬くらいまでの期間は、
FCチャンネルで自分の登場が多くなってしまうと思いますので、
予め御容赦くださいませm(__)m

これはFCチャンネルファンの方はそう思っていらっしゃるでしょうし、
自分もそう思うのですが、
あくまでFCチャンネルは林社長と竹村先生のチャンネルで、
視聴者だってこの2トップが見たいに決まってますよね。
分かります。自分もFCチャンネルファンとして同感です。笑

そのため、人一倍自分自身が、
「平常運転に戻るまでの代打として登場しているに過ぎない」自覚を持っていますので、
御安心くださいませ。

ですが、昨年4月にFCチャンネルで当ブログを取り上げていただけていなかったら、
自分はこのタイミングでの独立は決断していなかったため、
それは=フリグマが存在しなかったということですから、
竹村先生と林社長のお2人には大きな恩があるのです。
そのため、これまでもそして今後も、出演オファーをいただいた際には、
他のスケジュールを極力調整してでも応えたいと思ってます。
一方で、FCチャンネルが晴れて平常運転に戻った暁には、
自分は月1~2回とか、あるいはクライアントと一緒に出演させていただくとか、
そういう頻度で十分かなと個人的には思ってます。
(勿論、以後お声が掛からない可能性も大いにありますし。笑)

FC業界視点のフリグマのポジショニングとしては、
例えばA群がFCチャンネルファミリー、
B群がJFA日本フランチャイズチェーン協会)やフランチャイズ研究会だとしたら、
そこのちょうど間にフリグマが存在するようなイメージです。
というのも株式会社フリグマって、
オーナー社長の自分が、基本的に機嫌が良いポップなキャラだから誤解されがちですが、
【経営理念】
フランチャイズの力で日本を活性化

そしてこの経営理念実現のための事業ビジョンとして、
1 フランチャイズ業界の健全化
2 地方創生
3 日本のGDPに貢献
この3つを掲げている、実は結構お堅い会社なのです。笑

そのため、きらびやかなFCチャンネルファミリーは、
自分にとっては良い意味で眩し過ぎて、
かといってJFAや研究会の皆さんよりアカデミックな側面は少なく、
我々はもう少し実務寄りで、FC本部運営におけるストラクチャーを担いますから、
ちょうどA群B群の間の中立ポジショニングで、
FC業界に対してこそっと良質な仕事を継続しようと企んでます。

個人的には「露出」は全く苦手ではないですし、むしろ好きなほうですが、
セルフマネジメントとして時間の配分をコントロールし、
クライアント1本部1本部を丁寧にオーガナイズしていきたいと強く思ってます。
それほどビジョン実現に向けて本気なのです。

さてさて、先週の独り言②でも記しましたが、
3月17日にフリグマのことを話している回が放送されまして、

その放送直後から翌日にかけて、
フリグマへのお問い合わせが殺到する事態となりました。
この記事の公開予定は3月28日を予定してますが、
3月21日~31日までオンラインMTGで予定がほぼ埋まってしまっているほどです。

やはりFCチャンネルは偉大なのです。
現在のフランチャイズ業界で、最も効率的で効果的な媒体なのです。

一方、昨年5月に見学に行き、
今回自分も何度も収録をさせていただき、
よ~く理解し、実感していますが、
本当に事前打ち合わせ無し、台本無しのため、
自身の事業を整理して有限の時間内でぱっと有効な話ができる能力、
ブレイクダウンすると、
自分自身だけが話し過ぎてしまうと、コンテンツとして面白味に欠けるので、
そこは竹村先生だったり、林社長とのラリーを絶対軸として、
そのラリーの自然な流れの中で、自身の事業の魅力や適切な所感を短尺でトークできる能力、
これがFCチャンネルには求められます。
これは間違いなく重要です。

この能力を持ち合わせていないと、
出演してもマイナスブランディングになる可能性はゼロではないですし、
逆にこの能力を持ち合わせているFC業界関連事業の社長さんであれば、
出演料をお支払いしてでも絶対に出演したほうがよいです。
繰り返しますが、
現在のフランチャイズ業界で、最も効率的で効果的な媒体なのです。
これはもう実体験としても周囲から様々な話を聞いていても、疑う余地が無いです。

では出演料を支払ったら誰でも出演できるか?と言われると、それも難しいのです。
林社長、竹村先生のチャンネルですから、
お2人のお眼鏡にかなわないと当然に出演することは不可能です。

過去にフランチャイズチャンネルでも「出演する方法」の動画がアップされていましたね。
御参考にどうぞ。

FCチャンネルに出演する方法
①竹村先生のweb面談を突破
②林社長/竹村先生の知り合いからの紹介
③面白いFCならFCチャンネル側が見つける
④大物・凄い人は大歓迎
⑤FC本部の学校に入学し、講義を受講していれば可能性あり
⑥林社長が出演してほしいFC(ポポラマーマなど)

 

ちなみにフリグマのクライアントに関しては、
よっぽどクライアントの本部社長が拒否反応を示さない限り、
(且つ②のルートで自分がお2人に相談してみて許可が得られれば)
出演料をお支払いいただき、FCチャンネルに出演してもらいたいと思ってます。
フリグマのクライアントであれば必ず自分も一緒に出演しますので、
竹村先生や林社長からどんな鋭い御指摘や見解をいただき、
それに対してクライアント本部社長が返答に困っても、
自分が必ずフォローしますので安心してください!笑
言い方を変えれば、
自分がフランチャイズの使い手、フランチャイズのプロとして、
(Aプラン契約の場合)適切にFCを操縦すれば3年で100店舗いけそうという見込みが無ければ、
フリグマのクライアントにはなっていないわけなので、
つまり既にクライアントであるということは、
自分も魅力を感じている点、すなわち語ることが出来るポイントが多数あるわけなので、心配無用です。

以上、偉大なフランチャイズチャンネルとフリグマの関わり方についてのお話でした。

一時はどうなることかと思いましたが、
偉大なフランチャイズチャンネルが継続されていることが、
本当に嬉しく、ホッとしているというのが所感です。
その継続に自分自身がほんの僅かでも貢献できたことも感慨深いです。
1年前はただのイチファンでしか無かったわけですからね。笑

フランチャイズ業界健全化のために、
フランチャイズチャンネルは絶対に欠かせないのです。

FCプロデューサー・竹村先生の昨日配信のメルマガで、
佐々木さんの会社(フリグマ)とは様々な形でのコラボもあると思います!と書いていただき、
テンション上がってます。

FC業界歴や見てきた時代は違えど、
竹村先生と自分のフランチャイズ業界健全化への想いや本気度は同じですから、
いかようにもコラボ可能だと思います。
自分の中でも既に2~3案ありますし、いま想像していない形のコラボもあるでしょう。
これは楽しみ過ぎる。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
 お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------

フランチャイズチャンネル・フランチャイズオーガナイザー