フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

「甲賀米粉たい焼き」フランチャイズ加盟募集開始!オーガナイズbyフリグマ

オーガナイズbyフリグマのFC本部のうち、
甲賀米粉たい焼き」という米粉たい焼き専門店が加盟募集開始です。

甲賀米粉たい焼き甲賀米粉たい焼き
甲賀とは滋賀県にある地名です。
ちなみに甲賀の読み方ですが、
甲賀市の市の名前としては甲賀(こう)なのですが、
名字や民間企業の社名などでは「こう」と発音する事例も少なくないそうで、
非常にややこしいです。
甲賀市 - Wikipedia
なので結論どちらでもよいのですが、
甲賀米粉たい焼きの商標登録上は甲賀(こう)のようです。
ちなみに自分は甲賀(こう)派です。笑

加盟募集webページ
滋賀県のたい焼き専門店 甲賀米粉たい焼き » FC募集

フランチャイズwebリポート
甲賀米粉たい焼きのフランチャイズ(FC)加盟で独立、開業、起業 | フランチャイズWEBリポート

toC向けサービスサイト
滋賀県のたい焼き専門店 甲賀米粉たい焼き

甲賀米粉たい焼きは滋賀県に本部や直営店がある米粉たい焼きのテイクアウト専門店です。
自分も本件のFCオーガナイズを受注するまで、
米粉たい焼きってイメージすら湧かなかったのが正直なところですが、
一度食べたら身体に染みます。
小麦粉のたい焼きと全く別種類、まるで違います。生地だけでも非常に美味しい!
楽天からでも注文可能ですが、個人的には現地で食べることを強く推奨します)

米粉たい焼き米粉たい焼き米粉たい焼き

甲賀米粉たい焼きさんのメニューは、
一通り試食させていただきましたが、
個人的な推奨は以下です。

・カスタードクリーム
お好み焼き(期間限定品)
・白あん(期間限定品)

米粉たい焼き米粉たい焼き米粉たい焼き

特にカスタードクリームは凄いです。
クリームの質と米粉の相性が抜群で甘さも上品。
初めて甲賀米粉たい焼きを召し上がる方には、
まずカスタードを推奨します!

さてさて、ここからは本部社長である河合社長について御紹介していきます。
元々SE(システムエンジニア)として活躍なさっていて、
現在は米粉たい焼き事業の社長という異色の経歴の持ち主です。
事業開始のキッカケは、
御家族が長年「米粉たい焼き事業」を運営されていたのですが、
人手不足を理由に「米粉たい焼き事業」を撤退する意向の相談があったそうで、
河合社長からすれば、この事業は工夫を凝らせば必ず展開できると考え、
米粉たい焼き事業」を引き継ぐことを決断なさったそうです。

これが2年半前のお話で、
この事業を引き継いだ段階から後のフランチャイズ展開を見越し、
SE特有の理系頭脳でオペレーションを構築していったそうです。
実際、フランチャイズオーガナイズ希望依頼のオンラインMTGの時点で、
既にマニュアルや研修動画や原価管理表が整っており、
フランチャイズ展開への本気度を感じました。

また、こういう緻密なタイプの方って
理念がセットでない方が多いイメージなのですが、
河合社長は米粉が持つ社会貢献性を最初から整理なさっていました。
米粉ですから、小麦アレルギーをもつ方々でも、安心して召し上がっていただけます。
小麦に限らず、年々食材アレルギーを発症する方が増え続けている中で、
米粉というグルテンフリーの食材をメインとしたたい焼きを全国に届けるというのは、確かな社会的意義ですし、
実際に河合社長はその信念を強くお持ちの方です。
以下の動画でもお人柄やキャラクター含め、御理解いただけると思います。

続いて事業的側面について触れましょう。
フランチャイズ要件としては、
加盟金は100万(税別)、ロイヤリティは月売上の5%です。
なお、事業を運営するうえで必要な食材の推奨仕入先はほぼ本部となりますが、
そこで手数料(本部としての利益)をいただかない方針とのことです。

初期投資は選定物件によって幅はあるものの、
加盟金含め、おおよそ350万~600万(税別)といったところですね。
初期投資はオーガナイズbyフリグマのフランチャイズの中でも、最もローコストで出店可能です。

収益性については、
直営店の実績から勘案すると、月売上125万~150万は現実的です。
(直営店では200万~300万の月も頻繁)
月売上125万~150万だと、人件費を抜かした償却前利益で26万~40万ほど。
纏めて購入いただくお客様が多く、単価が800円~1,000円。
月平均来店数が1,388名~、1日の平均来店数が53名~ですが、
週末の来店が重なるイメージなので、
平日ワンオペ、週末に御家族やお知り合いにお手伝いを依頼する程度で、
1店舗は十分円滑にまわる印象です。
順調に運営が実現できれば投資回収に2年かかることは無いため、
早期に複数展開を狙ったほうがよいです。
当然2店舗展開のほうが営業利益は残しやすいので、
人材マネジメントに自信があったり、
既に人材の目途が立っているようであれば、
早期の2店舗目出店を狙ったほうがよいです。

選定物件に関しては、
テイクアウト専門のたい焼き屋さんですから、
小スペースで運営可能です。
爆発的な売上が継続するビジネスではないため、
逆に言うと家賃アッパー15万(理想は10万以内)で設定し、
それ以下の物件でないとオープンしないという店舗開発方針が個人的には推奨です。

また、テイクアウト専門店なので、
人(接客)への依存度が最小限で済む点も、加盟オーナーの経営的視点では魅力に感じることでしょう。
実際、この事業の核になってくるのは、
米粉たい焼きの質ですが、
(生地を筆頭に)本部からの仕入れで味の再現性は担保できますし、
調理オペレーションも難易度は高くなく、
真剣に向き合う方であれば、
研修動画および以下の研修体制で習得可能な見込みです。

・(オープン前月)滋賀県の直営店にて3営業日OJT研修
・(オープン前日と当日)オープンするFC店にて2営業日OJT研修
計5営業日

米粉たい焼き

繰り返しますように、
けして大きく収益が上がるという事業ではないですが、
老若男女問わず支持を受ける「たい焼き」だからこそ安定運営が見込めます。
(河合社長いわく、お祖母ちゃんからヤンキーまで、日々多種多様な性質のお客様が買いに来るそうです。笑)
且つ前述のように、米粉であるという社会性もある一風変わった事業。

会社組織に属して、
理不尽な要求、自身の信念や哲学をへし折って日々働き、
自分らしさを失っている方々・・・
こういう40代~50代の方々に「甲賀米粉たい焼き」のフランチャイズに加盟いただき、
地元でコツコツとマイペースに運営して、
充実した日々を取り戻していただきたいなと思います。

既存戦力を有効活用する形で新規事業を立ち上げたい法人も推奨できます。
特に地方で拠点を持つ企業には相性良さそうです。

さてさて、だいぶ長くなってしまいましたので、
改めて甲賀米粉たい焼きのフランチャイズ本部としての強みを3点纏めておきます。

1, 初期投資350万~600万ほどで開業可能な仕組みとオペレーション
2, 米粉というエッジの効いた食材をモチーフに、僅か2年で且つコロナ禍にも関わらず、地域の繁盛店にまで昇華させたノウハウ
3, 本部社長自ら店舗開発のアドバイスやスーパーバイジングを担う献身性

オーナーペルソナは以下のとおりです。
・開業資金500万以内で独立を実現したい個人
・短期で大きな収益よりも、コツコツ地元でマイペースに事業を行いたい個人
・既存戦力を有効活用する形で新規事業を立ち上げたい法人

該当の方にはぜひオススメです。

改めて詳細を知りたい方はぜひ資料請求や個別のオンライン面談にお申込みくださいませ!

オーガナイズ一覧 | flegma(フリグマ)

滋賀県のたい焼き専門店 甲賀米粉たい焼き » FC募集

ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------