フランチャイズオーガナイザーのブログ

某フランチャイズ本部長として、フランチャイズをオーガナイズならびに発展を仕掛ける仕事をしております。おかげさまで立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして、あるいは特殊なバックボーンを持つ者として、仕事の考えや思うことを発信していく所存です。

3年で100実現の影のキーマンとの会食

フランチャイザー、FC本部構築支援、FC加盟募集媒体といったフランチャイズ業界の各中枢の方なら、
ほとんどの方が御存知かもしれませんね。
FC業界の金融財務のプロ/コンサル、Kさんと会食してきました~。
Kさんとの接点が始まったのは、まだ我々のフランチャイズが20~30店舗くらいの時で、人づてに凄腕の噂を聞きつけたことがキッカケで、
それ以来、諸々のタイミングでお世話になってきました。
これは言い過ぎでも何でもなく、我々のフランチャイズが3年で100店舗を実現できた影のキーマンです。

Kさんは本当にプロフェッショナルで「結果にコミット」し続けることができる人です。
自分も仕事人として凄くこだわっていることですが、結果にコミットし続けるには、常にパワフルでテンションの起伏とは無縁でいなければなりませんし、
時にギリギリのせめぎ合いや、奇策のアイデアや実行力が必要ですが、
このKさんはまさにそれを体現されている方です。

ちなみに自分はバックボーンが芸能界で、
ビジネスシーンでのキャリアを始めたのも遅かった分、
いわゆるビジネスシーンでの「普通」の感覚を良い意味で持っていないと自己分析しているのですが(常識は持っているつもりですので御安心を)
本日の会食でなんとKさんも、若いころはボクサーだったり、メジャー一歩手前のフェーズまで大活躍されたバンドマンだったりの過去があるとのことでした。
なるほど~やっぱりかと妙に納得。
どういうことかというと、日本の教育体制や社会って、従順な従業員を育成するシステムにはなっているんですけど、
優秀な経営者や優秀な経営幹部を育成するシステムになっていないんですよね。
なので、偶発的に20代前半までに一度その教育システムや社会のいわゆるというレールから外れて、
そこで普通ではない景色を見て、主体性の塊となり、脱普通のバイタリティーや舞台度胸を蓄積し、
そういうパワーを持った状態でビジネスシーンで活躍の場を与えらえれると、
一足先に社会に出ていたコツコツ組を一気に追い越す・・みたいなエピソードを聞いたことは、
正直一度や二度ではありません。
突き詰めれば理論化できそうな気もするな~

・・話は逸れましたが、Kさんは、前述の要素然り、何より本当に多岐にわたり業種問わずフランチャイザー(時にはジーにも)へのサポートやコンサルをしてきた方なので、
間違いなくフランチャイズの「良し悪し」を目の当たりにしてきたはずですが、
それでもフランチャイズ業界への情熱や支持していこうという気持ちがブレずに、
この先もフランチャイズに携わり続けると明確に宣言されてました。
なので自分のビジョンである
フランチャイズ業界の健全化を推進し続け、地方活性化に一役も二役も買い、日本を元気にしたい。
その実現のためにフランチャイズ業界で暴れ続ける。」
この思いにも激しく共感してくれていました。
ちなみにKさんのビジョンも聞きましたが、
こっちがワクワクするくらいの面白そうなビジョンでした。素晴らしいです本当。

偶然にも「芸能×コンサル×フランチャイズ」という3つの共通項がある頼もしいプロフェッショナルのKさんとは、
ほぼ同世代ということもあり、
自分達が次世代のフランチャイズを牽引するのだという使命感を持つお仲間として、
今後も共闘していきたいなと強く思います。刺激になります。

ちなみにこのKさんはなんと商業出版で本も出版してます。凄い!
会食後、早速アマゾンで発注し、今まさに読み漁り中ですので、
どこかのタイミングで推奨書籍として紹介したいと思います~。

f:id:franchisor:20201101192919p:plain

KさんのLINEのアイコン「覇者」たしかに覇者っぽい人だ(笑)