フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

小倉駅へ

先日は(実際1ヶ月前です。もはや恒例の先日詐欺です。笑)加盟前最終面談で北九州市小倉駅に行ってきました。
馴染みのない方からすると小倉(おぐら)と読んでしまいがちだと思いますが、
小倉(こくら)と読みます。
北九州市の中心・最大のターミナル駅です。

福岡空港博多駅の距離感が便利過ぎるので、
北九州空港小倉駅の道のりがやや遠く感じてしまいましたが、
地方における空港→主要駅までの距離感で言えば、これくらいの距離感がベーシックですかね。

北九州空港→小倉駅・フランチャイズ

この日のスケジュールがなかなかタイトで且つ悪天候だったので、駅周辺の画像は無しです。
ただランチで訪れた鉄なべ餃子の店でこれを撮影。

鉄なべ餃子・小倉駅・フランチャイズ

御覧のように、北九州市は鉄の街なんですね。少し調べてみました。

www2.nhk.or.jp生産低迷、代替産業を模索 鉄都再浮揚へ論戦期待 北九州市議選|【西日本新聞me】

酒屋で酒を買い、その場で立ち飲みをする「角打ち」という文化は初めて知りましたね。
いかにも鉄の街の無骨な男達の文化!という感じで、渋いですね~。

ちなみに上記2つ目の記事の中でも書かれていますが、

鉄の街・北九州市鉄の街としての存在感が時代の流れと共に徐々に薄まってきているようですね。これは寂しい。
一方で、時代の流れはやむを得ない部分もあるので、
せめて前述の鉄なべ餃子が全国にもっと広まって、
北九州市の鉄の街としての歴史を紡いでいきたいですね。
自分がランチで寄ったお店は「小倉鉄なべ」というお店です。

tetsunabe-g.com※小倉鉄なべ関係者の皆様、フランチャイズ展開を検討される際にはFCオーガナイザーの私まで御相談ください。笑
味も美味しかったですし、鉄なべの歴史的バックボーンもありますし、十分FC展開のポテンシャルありますよ!

さてさて、今回の加盟前最終面談の方について。
居酒屋で独立されて約20年という背景をお持ちで、
ピーク時には月商400万くらいで且つ少人数で運営されていたようで、
収益性としては盤石であったが、徐々に北九州も居酒屋文化が衰退していき、
そこに追い打ちをかけるように昨年の新型コロナウィルスの猛威の影響により、
現在は補助金が無ければ赤字という状況で、
これは新たな事業を早急に検討しなければと模索した結果、我々のFCに辿り着いたとのことでした。

ちなみに弊社の加盟開発担当の話を聞き、検討している最中で、
繋がりある知人の方が既に我々のFC加盟オーナー(オープン前のフェーズ)であることが発覚し、
そうした偶然も重なり、
加盟意思が固まったとのことでした。
人物的には、常に笑顔で明るく、謙虚で低姿勢である一方で、
仕事へのパワーも感じるという人物的には抜群に魅力を感じる方でした。

こういった方でしたので、
自分が加盟前最終面談で必ずお話するような契約書のリスクや、
経営における重要なPLの話、エリアの話、FC加盟にあたっての留意点などもスムーズに御理解いただきました。
自分の中でも迷いを感じる要素が無かったので、
その場で加盟受け入れを判断しました。
すると「本当にありがとうございます!」と、過剰なほどの熱量で感謝のお言葉をいただきました。

そしてその流れでお話いただいた内容が印象的でした。
「私は飲食業、居酒屋の商売が本当に好きで、
出来ることなら辞めたくなかったんです。
ただ(営んでいる居酒屋さんが2階席もあるような広いお店ということもあり)週末の宴会で売上を作ってきた中で、
昨年のコロナの影響を受けてからというもの、宴会予約が一切なくなりました。
そこからずっとお先真っ暗状態が続き、補助金のおかげで何とか生活してきましたが、
何とか生活できる程度なので、
娘や嫁にも何にも贅沢や楽しいことをしてやれず・・
大好きな飲食業、苦渋の決断でしたが、家族のためにも辞める決断をしました。
なので今回の加盟で、家族のためにも全力で、覚えは悪いかもしれませんが、
覚悟はありますので、全力で努力していきますので、末永くよろしくお願いします。」

ん~素晴らしい。小倉駅近くの貸会議室で白昼堂々、涙を流しそうになりました。笑
ここ最近の加盟希望者の方の中で、一番人生を賭けてきているという気持ちを感じましたね。
本当に頑張ってもらいたいです。
(このオーナーの担当SVはあの魂のSV一択だな。。)

最後に恒例の路線図。
ここまで十分に話広がったので、路線図に関しては画像だけでノーコメントとさせていただきます。笑

小倉駅・路線図・フランチャイズではまた。
--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------