フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗、4年で150店舗を実現。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

事実と本物にしか興味がないぜ

ここ最近、社内での会話で自分が「事実にしか興味が無い!」と連発していることに気付きました。
フランチャイズ業界では、フランチャイズ本部が加盟募集広告で、
●年間撤退0ですよ~とか訴求したり、
未経験で誰でも年収1,000万以上など、いわば過大広告をよく目にしますよね。

これらがファクトベースのものであれば問題ないですが、
そうではなく、ただの嘘になっているケースも多々あるのが実態です。
嘘広告に翻弄されて人生を棒に振ってしまう加盟オーナーの皆様のことを想像すると、非常にやるせない気持ちになります。

自分はフランチャイズ業界に身を置いてからずっとフランチャイザー側でしたから、
加盟検討者の方のお気持ちを100%理解は出来ませんが、
それでも仮に自分が加盟検討者側だったとしても、過大広告に翻弄されない自信があります。
理由が冒頭のとおりで、自分はタイプ的には完全にリアリストで、事実にしか興味が無いためです。

広告を見てもそれが事実かどうか確かめるために必ず行動します。
事実以外は判断材料から除外です。

こういう傾向の方は増えていると思います。
2020年に最も売れたと言われるビジネス書のタイトルが「ファクトフルネス」ですから、
データをもとに事実を捉えること、本当に大事です。

nikkeibp.co.jp

この話題から派生して、事実にしか興味が無い→本物志向ということにも触れます。
例えば採用面接で、職務経歴書だけ見るとどんでもない実力者に見えても、
実際面接中の受け答え(Q&A)がズレていたら、
少なくともこの場では実力が発揮できなかった・・という事実を見ます。
本物の実力者であれば、採用面接くらいでパフォーマンスが発揮できないなんてことはないかな?とも捉えます。
職務経歴書がピカピカで実態はそうでもない偽物より、
仮に職務経歴書はイマイチでも、結果を出せる(あるいは人間的魅力のある)本物とだけ仕事をしたいです。

SNS全盛時代の昨今。
SNSは上手に活用すれば、ビジネスをスケールさせてくれます。自分も大賛成です。
一方で、SNS界隈には実際さほどビジネス実績がない方や実力のない方が(フォロワーの数などで)凄い人に見えていたり、
さほど有益でない情報を発信しているだけでカリスマっぽく演出している方などが存在してますね。
正直・・・こういうの苦手です。理由は繰り返しますが「本物」でないから。
虚像文化と言ったらよいのでしょうか?自分はSNSのそういう側面は好きではないですね。
偽物や実力のない人ほど形や見栄えに拘る。本物や実力のある人ほど(演出の必要がないから)素というか無骨。
だからSNSとかだと一見錯覚してしまうのですね。
(補足ですが、ビジネスシーンでたしかな実績があり、そういう方がSNSをやっていらっしゃるのは知的財産を無償で提供いただいていることに等しく、最高です。
そんな凄い方々と絡めたりするのもSNSの素敵な点ですよね)

ビジネスにおいて結果や実績って揺るぎようがない事実で、
その結果がラッキーパンチではなく、そこにロジックがあり、プロセスも伴っていたら本物ですよね。誰もノーと言えません。
ですが、SNSだけでは、その方が本物か否か分かりにくいんです。
判断するには、やはりとにかくお会いすることですよね。
会って話せば実績が真実か、はたまた実力派かどうか、一発で分かるでしょうし、
会って30分~1時間くらい話をすれば、
大抵一度や二度は根底にある人間性が露呈する発言があったりするものですしね。

ちなみに話は逸れますが、FCオーガナイザーとしての相談案件で打ち合わせをさせていただく中で、
自分の中でNGワード設定があり、打ち合わせ相手の口からそのNGワードが出たら、
他の要素がどんなに素晴らしくとも支援をしないと決めています。
それはこの本物志向にも通ずる話です。
興味ある方は個別で聞いてください~。

繰り返しますが、個人的な価値観として、事実にしか興味がないし、本物にしか興味がないです。
そのため、圧倒的強者みたいな存在が大好きで、
例えばボクシングの井上尚弥選手は興味しか無くて、ドキュメントやインタビューを見て、勝者のメカニズムを研究してます。
「世の中に絶対なんてない」
そんなことは大人になれば嫌でも分かる理屈ですが、
だからこそ限りなく絶対に近い勝率を持つ井上尚弥選手には興味しかないのです。

www.youtube.com

www.youtube.com

ちなみに一般的にまだまだ井上尚弥選手の凄さが伝わっていない気がするので、
以下も掲載しておきますが、井上選手の戦績は21戦21勝 (18KO) 無敗です。しかも対戦相手はガチの強者ばかり。
井上尚弥 - Wikipedia
圧倒的な実力と完璧に近いボクシングスタイルから「日本ボクシング史上最高傑作」と呼ばれており、
アメリカの権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」が格付けするパウンド・フォー・パウンドランキングで、
日本人歴代最高2位の評価を受けており、世界でも非常に評価の高い日本人なのです。
ボクシングに興味がないという方でも、
今この時代にそんな伝説的な圧倒的強者である日本人ボクサーが存在することくらいは認識しておきましょう。

・・・いつもこういう雑感系の話題のときは話が脱線しまくります。笑
最後に纏めますと、
自分は事実にしか興味ないし、本物を好みます。
そのため、今後自分とお会いする方々、
虚勢とか不要ですし、その虚勢や虚像の謎解きとかに要する時間は本当に無駄でしかないので、
ありのままの実態で、素で絡んできてください。そのほうがアナタの魅力は伝わってくるものです。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------

事実と本物