フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

眼の話

20代の頃は、常時睡眠不足・夜型生活・タバコ・毎日飲酒・カップラーメン・ジャンクフードなど・・
今考えるとぞっとしますが、
典型的な不健康生活を送っていました。

30代はビジネスパーソンとしてどこまで高みを目指せるか?というテーマを掲げたこともあり、
そのテーマから逆算して余計なものを排除していった結果、
睡眠7.5時間・朝型生活・禁煙・飲酒は週1・食事は栄養重視・適度な運動など、
超が付くほど健康生活を送ってきました。

こんな背景もあり、いわゆる健康診断でこれまで一切の異常や再検査を求められたことが無かったのですが・・
先月初旬に実施した健康診断の結果で、
人生初の「要精密検査」の結果が出ました。

検査結果シートをバーッと見渡している中で、
真っ先に「要精密検査」の単語だけが視界に飛び込んできたので、
超健康生活を送ってきた自分に何が起きたんだ?!どこが悪いんだ?!とよく見ると・・・

健康診断・眼・目眼底の乳頭陥凹拡大の疑い・・
「いや眼かい!」ってツッコんでしまいました。

これは超健康生活を送っていても防げないな~と納得しながら、
「乳頭陥凹拡大の疑い」について調べてみました。
視神経乳頭の"異常"と"正常"|目と健康シリーズ|三和化学研究所
簡単に言えば、乳頭陥凹拡大の疑い=緑内障の可能性が少しある、ということらしいです。
上記サイトにも書いてあるように、
視神経乳頭の陥凹は誰にでも見られるようで、
その凹みが標準的な大きさよりも大きい場合「陥凹拡大」と判定されるようで、
健康診断などで陥凹拡大が指摘されるケースは多く、
「視神経乳頭の陥凹拡大」の指摘を受けた人が必ず緑内障というわけではないとのことです。

とはいえ、油断ならないので眼科へ。
精密検査って何するんだろ?と思っていたのですが、
特殊目薬を差して、20分~30分後に瞳孔を開かせ、
その状態で色々検査をするというものでした。
目薬も検査も含め、痛みはゼロなのですが、
何より衝撃だったのが、特殊目薬により瞳孔が開いた状態になると、本当に何も見えなくなるんです。
普段コンタクトを付けており、
元々裸眼だと視力悪いのですが、
それでも、うっすらと色々なものは識別は出来ます。
ただ前述のそれ(特殊目薬を付けると)は一切何も見えず、本当に視力を奪われる感覚に近い状態になります。

その状態で試しにスマホを見てみましたが、1文字も解読不能でした。
どんなに身体が健康でも眼が機能不全になったら、
フランチャイズオーガナイザーとしての価値ゼロだな~と恐ろしくなりましたね。

しかもその特殊目薬の効果って4時間ほど続いてしまうのですが、
瞳孔開いた状態で外に出ると太陽の光が尋常ではないくらい眩しく、
サングラスを掛けないと歩けないほどでした。
いや~貴重な体験。笑

結論、別日に実施した視野検査も含めた結果として、
眼科の先生いわく「現時点では緑内障の気配は一切ない」とのことで一安心。

自分のようにどんなに健康に気を使っていても、
「眼」で指摘を受けるなど可能性もありますから、
皆さんも健康診断や人間ドッグをしっかり受けましょう。

一方、どんなに気を使っていても、ケアしてても、
病気になるときはなりますから、
ある意味でそこは割り切り、
「時間は有限」と強く意識し、今しか出来ないことに全力を注ぐことも重要ですね。

5年後にこれをやる予定、10年後にこれをやる予定・・って言ったって、
5年後10年後に病気になってる可能性だってありますからね。

後悔しないように今を全力で。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連(本部構築/FC展開/FC運営/各種コンサルなど)の御相談やお問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------