フランチャイズオーガナイザーのブログ

3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイザー/株式会社フリグマ代表取締役社長/FC本部中枢歴10年/立ち上げたFC→加盟募集開始から3年で100店舗→4年で150店舗実現/コンサルファーム出身/過去のFC本部時代にはオーナーコンサルチーム責任者としてFC店継続率96%/目指せFC業界健全化→地方創生→日本のGDPに貢献 /2022年日経フランチャイズショーセミナー登壇

オーナーは一定の割合で加盟前と加盟後で別人となる

フランチャイズ本部中枢経験が長いと、当たり前レベルでこの感覚を持つようになります。
オーナーは一定の割合で加盟前と加盟後で別人となります。
もうこれは揺るぎない真実です。
厳密には、シチュエーションによって人が変わるオーナーという表現が適切かもしれません。

加盟前は、謙虚で腰が低い方だったのに、
店舗開発担当に対して上から目線で会話するオーナー。
対面だと無口なのにメールだと長文で赤裸々に本音をぶつけてくるオーナー。
加盟前は全ての段取りがスムーズだったのに、
加盟後は全てがルーズになったオーナー・・・
加盟前に散々リスクを説明し、
「それでも加盟したいんです」と強い意志を述べてきたため加盟受け入れ。
開業後、オーナーの意思で撤退することになり、然るべき段取りをして円満に卒業したと思っていたら、
1ヶ月後に訴訟をしてくるオーナー・・・
などなど。
これ挙げるとキリがないですね。笑

当然ね、オーナーを豹変させてしまっているのは、
本部の落ち度があるのだろうという要素は理解してます。
明確にその要素が原因でオーナーが豹変したのだと理解している際には、
真摯に向き合ってきました。
ですが、明確な理由が見当たらないのにキャラ変してくるオーナーも必ず一定の割合存在します。

例えば現在率いるフランチャイズでは、
加盟意思を固めた方と自分が(審査を兼ねた)加盟前最終面談を実施するわけですが、
その際、加盟希望者の方からすれば、
加盟の権利を勝ち取ることが目的なので、人間性をお化粧してくる方が多いんですよね。
自分もそれを理解しているので、様々なやり取りでスッピンを引き出したいわけですが、
厚化粧だと見抜くのは難しいです。
結果、加盟前に自分に対しては謙虚だった方が、
加盟後に店舗開発担当に対して横柄な態度を取ってくるなんてことが幾つか事例としてありました。

こういうのは本部の責任者観点で率直に言えば、面倒でしかないです。笑
ですが・・・
ではこういうオーナーの豹変やら相対が面倒だから、
フランチャイズ本部運営はもう懲り懲り」とも一切思わないです。

理由はまずシンプルに、長年加盟オーナーに向き合っていると、加盟オーナーの豹変に対して免疫が出てきます。笑
古巣のFC本部時代、マネジメント層として動くようになったのは31歳の若造の頃でしたから、
色々とストレスは多かったですが、
真摯に向き合い続け、32歳でオーナーコンサルチームの責任者になってからは、
逆に個性豊かなオーナーに望んで向き合い続けて、
完全に「加盟オーナー」という性質を掴んで以降は、全く苦では無くなりました。
FC本部として加盟オーナーと相対していくには、
社内メンバーをマネジメントするよりも(比較にならなくらい)遥かに高度なマネジメントスキルを求められるわけですが、
これもやはり場数と思考の積み重ねで形になっていくのでしょうね。

また、シンプルにフランチャイズ展開って、
(真っ当に立ち上げることが出来れば)マイナス面を凌駕するプラス面や魅力が大きいんですよね。
自ら立ち上げたブランドがフランチャイズの力でスピード感を持って全国各地に広がっていく充実感、
そしてその全国各地の地元オーナーとの繋がりにより地方創生へも寄与できますし、
直営とは違い、1人1人のオーナーが人生を懸けて挑んでくる本気度によるサービスや事業の精度向上、ノウハウのブラッシュアップ速度も魅力。
他には多数の成功オーナーとの絆、そこからの派生で更なる事業アイデアが広がったりすることもある人間関係などなど。

加盟オーナーが一定の割合で別人となったり、豹変しようが、
自分がけしてフランチャイズから離れることがないと断言できるのは、
こうしたフランチャイズの魅力を実体験で知り尽くしてるからに他ならないです。

話を戻し、加盟前と加盟後で別人となるオーナーの話ですが、
やはり何といっても加盟開発の手法により、だいぶ抑止は可能だと感じます。
詳しくは以下2記事で把握いただけると思います。

www.shosasakifranchisor.com

www.shosasakifranchisor.com

色々派生しましたが、
以上「加盟前と加盟後で別人となるオーナー」の話でした。

自分のようにフランチャイズ本部中枢歴長く、且つ「人が好き」なタイプからすれば、
加盟前と加盟後で別人となるオーナーの存在は、
フランチャイズ本部を運営するうえでの欠かせないスパイスみたいなものだと捉えてます。
このスパイスがFC本部の「味」を良質にすることに繋がるのです。これ不思議と。
そのため、FC本部の皆様はこういった局面でも真摯に向き合うことを推奨します。

もし加盟オーナーとの関係性が芳しくなく、対応にお困りというFC本部経営陣の皆様は、FCオーガナイザーまで御相談どうぞ。
場合によってはビジネスモデル改変やFC本部構築からやり直すかもしれませんが、
関係性を解決することは可能だと思います。
ではまた。
--------------------------------------------------------------------
株式会社フリグマ(Flegma,Inc.)代表取締役社長
佐々木翔(sho sasaki)
フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせ、
あるいはFC本部立ち上げ/FC本部構築/フランチャイズ化など、
3年で100店舗をコミットするフランチャイズオーガナイズサービスを御希望の際は、
下記メールアドレスもしくはHP内のお問い合わせフォームにて承ります。
初回御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
info@flegma.jp
お問い合わせ | flegma(フリグマ)
【HP】
flegma(フリグマ)|コミットするFC本部のパートナー
---------------------------------------------------------------------

フランチャイズオーナー豹変