フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

組織構築/採用支援コンサル&キャリアコンサル

以前にちらっとコンサルファーム時代のことを記し、
そのファーム内で入社間もなく新事業を立ち上げたという話に触れました。
コンサル業界とフランチャイズ業界の違い - フランチャイズオーガナイザーのブログ

ではどんな新事業を立ち上げたのか?という話ですが、
標題のとおり「組織構築/採用支援コンサルティング&キャリアコンサルティング」の事業です。
自分が入社したコンサルファームは、
ITや業務領域のコンサルをメインとしており、
入社当初はまずは案件とコンサルをマッチングするタスクを担い、
業界への理解を深めましょうとなったのですが、
知れば知るほどこの領域は自分ではない他の誰かがやった方が有機的だと感じました。
そんな中で、当時の代表が
「会社として有料職業紹介事業の認可を受けているにも関わらず、誰もそれを使おうとしない・・」
とぼそっと呟いていたことを思い出し、
自分自身、ヘッドハンターとのコンタクト経験が生かせそうで、
ヘッドハンティング - フランチャイズオーガナイザーのブログ
且つコンサル業界は事業会社ほど組織やチームビルディングを重視していないカルチャーも感じたため、
これは自分の存在意義となる、いわば属人的な事業だという戦略的に標題の新事業立ち上げを判断しました。

まず着手したことは、あらゆるコンサルファームに片っ端からテレアポし、
組織構築/採用支援コンサルの需要を探りました。
そこで詳しい話を聞かせてくださいとなったら往訪。
人事部の方や運が良ければ事業責任者や役員の方とコンタクトし、
組織や採用についての課題をヒヤリング。
組織の在り方や細かい人間関係などを出来るだけ踏み込み、整理しながら、
「ではここの部署を仕切れる人が必要ですね」
「ここの役員とスタッフ間を繋げる部長クラスが必要ですね」などを提案しながら擦り合わせ。
このフェーズ以降の動きはいわゆる人材紹介のそれと同じで、
求人票を作成し、データベースやら独自リサーチやらで適した人材にアプローチし、
少しでも興味を持っていただいたら、
その方へのキャリアコンサルティングも兼ねて、
前述の求人票を用いてヘッドハンティングやスカウトを実施していくというものです。

強く意識していたのは、人材紹介会社ではなくコンサルファームの新事業でしたから、
ただの人材紹介サービスと十把一絡げで捉えられないように、
組織構築~戦略要素と、転職検討者へのキャリアコンサルティング色を濃くして動いてましたね。
組織構築に関しては、クライアントの事業計画をしっかり理解し、
事業計画実現のため、何回も何回も組織図を作り直し、
いかにモチベーションを上げさせるかを軸に、
世の中に存在するあらゆる職位や肩書を調べ、
どう当て込むかなど真剣に実施してましたし、
また、キャリコンに関しても後に国家資格を取得するほど真摯に向き合っていました。

ちなみにクライアントはいわゆるBIG4(PWC/EY/デロイト/KPMG)ファームや外資の戦略系ファームなど、
とんでもなくエリート揃いの企業ばかり。
今考えると恐ろしい話ですが(笑)そんなクライアントに対して、元々芸能界にいてFC本部での実績しかない自分のような人間がイチコンサルタントとして向き合っていました。
当然クライアントに対しては堂々とプロとして振る舞う必要がありますから、
外資戦略系ファームのアメリカ人の担当者と英語でメールをやり取りしていたこともありました。
あるいはそういった企業に人材を紹介する際には、
履歴書や職務経歴書も全て英語で提出する必要がある案件も多く、
転職検討者から添削依頼を受けて自分が対応なんてことも珍しくなかったです。
もちろん都度焦りながらも、綿密に調べ、且つ自ら開拓した信頼できる翻訳企業担当者に相談しながら何とか対応してましたね。
コンサルファームのコンサルですから見た目はスマートに演出しますが、
内心はヒヤヒヤで必死・・そんな日々でした(笑)

最初は業界やカルチャーにおいて、理解できることの方が少なかったコンサル業界でしたが、
段々と面白さに気付いていき、
クライアントと事前に擦り合わせて抽出していた組織課題に対して、
自らヘッドハントした人材の移籍を実現し、
組織の発展をプロデュースできたときは最高の充実を感じたものです。

自分の中ではその時点以前から既にフランチャイズ業界で生きていくことを決めていたものの、
キャリア戦略として「35歳を前に最後の武者修行」的に飛び込んだコンサル業界でしたから、
いずれはフランチャイズ業界に戻るつもりではあったものの、
コンサル業界も慣れると意外に悪くないな~なんて当時は思ったりもしてました。

前述の新事業が軌道に乗り始めたころに、
現在のフランチャイズ本部立ち上げオファーがあったため、
結果的にコンサルファームには約1年しか在籍できなかったですが、
とはいえ、たった約1年でもビジネスパーソンとして財産と言える期間でした。
以前も記しましたが、このコンサルファームでの経験があるからこそ、
今後のフランチャイズ業界への関わり方や、やるべきことが膨大にあるという考えに至っています。
ではまた。

f:id:franchisor:20210503082303j:plain

--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ
ブログのこと - フランチャイズオーガナイザーのブログ 

フランチャイズ関連の御相談や各種お問い合わせは、
下記お問い合わせフォームあるいはメールアドレスにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォーム - フランチャイズオーガナイザーのブログ
franchiseorganizer0319@gmail.com
---------------------------------------------------------------------