フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズをオーガナイズする仕事をしております。約10年間、率いたチームメンバーの離職率0%。立ち上げたフランチャイズは加盟募集開始から3年で100店舗を突破しました。前々職のフランチャイザー時代には、オーナーコンサルタントチーム責任者としてFC店継続率96%を実現。その後、コンサルティングファームを経た現役のフランチャイズオーガナイザーとして「フランチャイズ業界健全化→地方創生→日本経済活性化に貢献」このためにブログを綴っております。

逆説的にファンという事実に気付いた

当ブログでも何度か記してきましたが、
「SUITS/スーツ」というリーガルドラマがここ最近で最もハマったドラマです
「SUITS/スーツ2」の話 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

そして2ヶ月前くらいにちょっとしたキッカケがあり、
「お金がない」という1994年に放送されていたドラマを見ました。
なかなか刺激を受けました。
緊急事態宣言に強いオーナー - フランチャイズオーガナイザーのブログ

「SUITS/スーツ」以前にハマったドラマなんだったかな~?と振り返ると、
これはもう即答で「外交官 黒田康作」です。
http://u0u0.net/YLW4
実は最近タイムリーに1話から見直しているのですが、改めて凄いです。
サスペンス要素もありながらも、メッセージ性も強烈です。神ドラマです。
日本とは?を嫌でも考えさせられます。
日本の全てのビジネスパーソンが一度は見た方がよいです。

そして更に遡り、まだ20代で芸能界にいた時代。
芸能界にいたくせに、漫画「島耕作」シリーズを読み漁ったり、
ビジネスシーンにも憧れみたいなものを持っていた頃、
もしビジネスマンになったら、こういう生活をしたいなと想像するくらい影響を受けていたのが、
2005年に放送されていた「ラストクリスマス」というドラマです。
この主人公が36歳でスポーツメーカーに勤めていて、
色々あって独身で、その1人暮らしの部屋の感じとか、生活ぶりに何だか当時憧れていました。

・・・と、このように振り返ると、
全て織田裕二さんの主演ドラマにはまり続けてきたのだと気付きました。

織田裕二さんの俳優としての魅力は十分に理解しているつもりですが、
正直、織田裕二さんだからこのドラマを見よう!という風に思ったことはなかったので、
全く意識をしてなかったのですが・・
ここまで客観的証拠が揃うと、もはや逆説的に織田裕二さんのファンなのだと認識しました。

以上、どうでもいい話でした。
ではまた。

f:id:franchisor:20210312080944j:plain

著作権フリー画像で「逆説的」と検索したら、
なぜか「人の振り見て我が振り直せ」がヒットし、この画像引用。


--------------------------------------------------------------------
当ブログの解説
当ブログの解説 - フランチャイズオーガナイザーのブログ

フランチャイズ関連の御相談(主に本部運営や本部構築案件など)や、
各種お問い合わせは下記GmailあるいはTwitterアカウントからのDMにて承ります。
御相談は無料です。お気軽にどうぞ。
franchiseorganizer0319@gmail.com
 s.sasaki(フランチャイズオーガナイザー) (@fc_organizer_s) | Twitter
---------------------------------------------------------------------